オトナのパンスト(秘)倶楽部。

タイトル: オトナのパンスト(秘)倶楽部。
キーワード: パンスト、その他フェチ、脚フェチ、指マン
女優: 吉沢明歩、木下柚花、三浦亜沙妃、かすみ果穂、ましろ杏、愛内梨花、大沢かな、森ななこ、はるか悠、前嶋美歩
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

「んもう、内海さんたら。あなたってあたしが手を貸してあげないと何もできない人なんだからぁ」
私はもう蒲団に入って、本を読んでいたときでした。
「指を動かしてみてご覧なさい」
していたら、私を相手にすることなんか、とっくにやめていたはずです。
これだけの身体を目の前にしているんだから、私もすぐに復活するだろう。
最初は緊張していた私も、少しずつ気持ちがほぐれ、それに従って、たまには良いショットも出るようになってきました。
女は私の愛撫を拒んだ。
べそをかきながら、そう言って一生懸命せがむ私に、先生は困惑したようすでしたが、「うん、わかった」
「これはという男性に巡り会えずに…」
綾香は絶叫し、私も満足を覚えながら止め処もなくあふれ出る愛液を飲み込んだ。
自分が女であることの実感が欲しかったのです。
半年ほど前、農業団体の催しで新潟に出向いた時のことです。
「何するのよー、もうちょっとうまくできないの」
それに加えて、自然と喘ぎ声が漏れ出てしまうようです。
尻の形も見事な成熱を醸し出していた。
「んんん…」
住所が変わったことは適当にごまかしていましたが、いつ同棲がパレないともかぎりません。
そして、十分に固くさせると、自分も服を脱ぎ、わたしに覆い被さってきたのだった。
自称二十六歳だという元気で明るい娘でした。
娘の婚家先の伝兵衛と村で一、二を争う身代持ち、藤右衛門大旦那。
おおいに飲んでやるか。
「ブラボーッ!ここまで見せて貰えるなんて最高だ。奥さんにはいくら金をやっても惜しくないねえ。これからも私のアナル妻になって、脱糞ショーまでフルコースで愉しませて貰うよ」
首尾を速絡した。
女のサガは、弱いものです。
真っ赤に腫れ上がった尻を抱えます。
そのままでは暗かったので、乱れた浴衣の裾をはしょりました。
藤枝氏の指が行ったり来たりするたびに、自分の中の女豹が飼い慣らされていくのを感じている。
「あたし、先に入ってるから、後から来て」
それなのに、腰が欲しがるようにくなくなと捩れてしまうのです。

子供が大きくなると子供同士の繋がりでご近所と付き合うこともなく、唯一、昨年越してきたお隣の木原さんの奥さんとお茶飲みながらお喋りするぐらいしか楽しみもありません。
当時、二十五歳だった俺は証券会社に勤めていた。
およそ同年輩のサラリーマンの月給に較べれぱ、その数倍、いや十数倍の収入を得ていたのである。

オトナのパンスト(秘)倶楽部。

サンプル動画