言語道断問答無用の鬼イカセ 4時間

タイトル: 言語道断問答無用の鬼イカセ 4時間
キーワード: 4時間以上作品、拘束、電マ、バイブ、指マン
女優: 吉沢明歩、みひろ、佐山愛、みづなれい、小沢アリス、木下柚花、一色さくら、早乙女ルイ、クリス小澤、糸矢めい
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

その表情から嫉妬がありありと見て取れたのです。
「どうして、そんなに僕を励ましてくれるの?」
内藤が大家さんの衣服に手を掛けて全裸に剥くと、大家さんも内藤の服を脱がせてシックスナインで体を重ねたのです。
私の手が、浴衣の裾にわって入っていったからです。
乳首は大豆ほどの大きさで、乳輪はどちらかというと狭い方だ。
「あああ、ああぁん、うふうん…」
それは、「キャッツアイ ミカ」とだけ書かれた昨日の女の名刺だった。
オチンチンは、ちょっと酸っぱい昧がしましたが、それが汚いとかイヤだとか思う気持ちはありませんでした。
どんなことがあっても、常識をわきまえた加奈子なら面倒な事態にはならないだろうと踏んでのことで、個室に飛び込むとすぐに、私は、加奈子の腰に腕を回すと、唇を激しく合わせました。
入院しているとき、私の世話をしてくれたのは若い看議婦だった。
そして、私はさらに深い快感を得ようと、男性から声をかけられるのを待つだけではなく、自分からも目に付いた男性に声をかけてホテルに誘うようになりました。
「ほお、さすがはブロだな。まあまあじゃないか。けど、ワシをイカせるのは簡単じゃないぞ」
キッチンのテーブルにはワインと相性のいいオードブルがきちんと並んでいて、またまたびっくり。
その時私は、どうしても肛門性交がしたいという衝動に駆られてしまったのです。
それをまともに吸い込んだ俺は、心臓がパクパクと高鳴る。
彼女は、さよならを言ってはくれなかった。
横浜市内にもどった時は、すでにあたりは暗くなっていました。
ヤバイと思ったわたしは身を隠そうとするが、辺りには電信柱もない。
つまり一言で言ってエロ度が低いのです。
「糸子の離縁に就いて話がある」
「もう、だいじょうぶよ」
不貞の事実は事実ですから、私は夫人に素直にお詫びしました。
それでも雑談をしている言葉から、それなりの家庭の夫人であることが推測でき、妙なファイトが沸くパーティだ。
(いまごろ、あのふたりはセックスの真っ最中なのねっ。いったい、どんなことをやってるのかしら、あの女、すごく助平そうだったわ。きーっ、悔しいっ)
ですが、オカマなどと言われてしまっては、こっちにだってプライドがあります。
私もじっと仰向けになっていられず、上半身を起こし、尻に枕を当てがい、背後から桃太郎の乳房をまさぐり、片方の手を股間に伸ばしました。
力任せに指を引き抜き、後ろに飛び退き半多氏。
今になって考えてみると、若いのによく辛抱したものだと感心しています。
「やっぱり……佳代子さんは、虐められるともっと感じるんだよ……」
私は持っていた杯を落としそうになりながらKさんを見る。
外廊下には各家庭の風呂場の窓しかなく、中の様子が全く解らなかった私は自宅に戻り、今度はベランダに出てお隣をそっと覗いてみました。
噂には聞いていたが、とうとうその恐怖が現実になってしまった。
店先で客を誘っている強引な厚化粧の女たちばかりではなく、あまたの娼婦の中にはあの雑誌の記事にあったような情緒に富んだ気立ての良い娼婦もいるに相違ないと信じた。

言語道断問答無用の鬼イカセ 4時間

サンプル動画