この汗だくSEXがスゴい!

タイトル: この汗だくSEXがスゴい!
キーワード: 4時間以上作品、その他フェチ
女優: 吉沢明歩、灘坂舞、水元ゆうな、かすみ果穂、立花さや、木下柚花、麻宮モナ、Ciao、クリス小澤、佐山愛
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

と問い詰められました。
「親父が死んで半年以上経つ。女のひとはそのくらいの時期がいちばんつらいんだって、どこかで聞いたことがある」
拒否されればされるほど私が燃え上がっていくことを大家さんは見抜いていたのでしょう。
ただのスケベなだめ男です。
私とは二十歳近くも離れているが、何度か顔を合わせているうちに、気軽に合話を交わすようになった。
私は、不思議と悲しいとば思いませんでした。
もう部屋を押さえてあるのだ。
第一志望の大学に受かった嬉しさより、卒業すると、もう二度と大好きな先生に会えなくなるという悲しさが、一瞬勝りました。
真っ暗ですから、表情が見えません。
けれど、噂に閉けば高校生や主婦までも援助交際と称して身体を売っているらしい。
また、三十歳を目の前にして、妊娠するなら今しかないという焦りも出てきて、私は自分を責めてばかりいたのです。
そこでローションの代わりに年増ホテトル嬢のケツメドをベロペロ舐めて唾液をたっぷり塗り付けて、暗褐色のすぼまりをグイグイえぐっていったのです。
特に膣内の乾燥は激しく、更年期以前には欲情していない時でもぬるぬると湿っていたのが、まるで干上がった井戸のようになってしまったのです。
わかりやすくいえば、一昔前の純情な女子学生タイプでしょうか。
「いや、とんでもないです。大丈夫ですよ」
と叫びつつ、よく彼女は一所懸命ペダルを踏んで追ってきたものだった。
おかげで私はヴァージンのまま高校を終え、卒業と同時に親の反対を押し切って東京に出ました。
それが証拠に乗り合いバスで若い女の隣に座っても、席を立たれることがなくなりました。
仕方が無いので、最後は娘の頭を両手で押さえて、しっかり咥えろ、と命令して生きたダッチワイフではないですが、お口のスピードを自分で調整しながら果てました。
「んだば言うとおりにするんじゃ」
ほんとうに大人しく、いじらしい。
同性に秘襞の奥まで覗きこまれた羞恥は、貫井氏にお尻を差し出した時とはまた違う耐え難いものでした。
会場は井田氏の経営する商社の展示ショールーム。
しかし、不倫を犯すことへの抵抗はぜんぜんありませんでした。
「お願いがあるの。お尻をぶってほしいの。腫れ上がるまでぶって」
「あにやんには、ちと目の毒やなぁ」
初めて浮気に向かう主婦と言うよりは、初デートに出掛ける処女のような気分だった。
彼女との仲は高校卒業まで続きましたが、そのうちに疎遠になっていったのです。
最初の頃は、ひたすら優しく私の肉体の状態を見ながら……といったセックスでした。
まるでしたい盛りの中学生のようだった。
さっき覗いた時にやはり誰か女性がお隣にいたんです。
何と言っても俺のクビがかかっているのだからしかたない。
そのオマ×コの中は熱く火照りをおびている。

この汗だくSEXがスゴい!

サンプル動画