「超」本気(マジ)イキコレクション8時間 vol.2

タイトル: 「超」本気(マジ)イキコレクション8時間 vol.2
キーワード: 電マ、ベスト・総集編、4時間以上作品
女優: 吉沢明歩、由愛可奈、矢野沙紀、咲田うらら、大野歩、二宮ナナ、真白みな、森川なな、後藤えみ、春日由衣
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

「まあまあ、そう怒るなよ。僕が愛してるのはキミだけなんだよ」
「なに?」
「え? どうしちゃったの? そうよね、みんなが親御さんの所に帰ったというのに松岡君だけ居残りですものね。寂しいわよね」
それはそうでしょう。
セーターを抜き、スカートを下ろし、ストッキングを剥がす。
「私なんかのためにゴメンナサイね。奥様、文句言いませんでしたか?」
私が玄関で彼女たちを出迎えると、驚いたことに、その中に先日のキャッツアイの女・ミカがいた。
と叫んで、私は布団をはね除け、目を覚ましました。
「先生たら…」
しかも、すこぶる体調は良く、酒は飲むし、肉は食うし、スポーツクラブにも通っている。
私は何かに救いを求めるかのように、その頃から夜になると、街をふらつくようになっていったのです。
「あふん、ああ、すごくいい……」
私は翌日もそのローションのおかげで素晴らしい快感を得ることができたのでした。
私は肛門に舌を伸ばしていったのです。
「ええ、何て言えばぁ、いいんですかぁ」
「……」
同郷の知人の世話で就職した先は、下町にある寝具卸の会社で、私の仕事は帳簿つけなどの事務でした。
と言い残して出て行ったが、その後、訪れることはない。
年のせいか寝床でNHKの「ラジオ深夜便」を聞くことが多くなりました。
「アッ、裸に……ですか?」
「えっ、いいの?」
貫井氏も大いに乗り気で、私のお尻の穴を四つん這いの格好で犯しながら、夫人の秘股を舐めさせてくるのです。
「あっ、あっ、あ~っ……」
「江利子のカラダは、欲深いな。いくらでもイケそうだな。だけど……」
「好きなんです。バスの中でも、ずっと、あなたのことが気になってたんですよ」
二十五歳の私は大阪で建築関係の仕事に就いておりました。
もちろん、私にとっても渡りに舟だったようだ。
乳房が私の胸でつぶれて苦しそうにもがいています。
夫と住んでいた郊外の屋敷を処分し、都内のマンションを購入しての一人暮らしは、全てが新鮮で、日々生きている実感を噛み締めるように喜びに満ちたものでした。
話していく内にKさんの頬はうっすらと紅潮し、目つきも何だか妖しくなる。
仲のいい奥さんの味方でいたつもりでしたから、何か証拠があればそれを押さえてやろうという気持ちもあったのは本当です。
その知的な顔立ちといい、もの憂い雰囲気といい、瞳の翳り具合といい、妙に男の欲望をそそってくるのだ。
「きみも才マ×コを、おれの目の前で丸出しにしてごらん。

「超」本気(マジ)イキコレクション8時間 vol.2

サンプル動画