マキシング・ブルーレイ・ザ・ベスト 02

タイトル: マキシング・ブルーレイ・ザ・ベスト 02
キーワード: ぶっかけ、水着、ベスト・総集編、ハイビジョン
女優: 吉沢明歩、みひろ、愛内梨花、大塚咲、かすみ果穂、春咲あずみ
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

世話女房よろしく色っぽい声で私の肩を小突く喜美恵さん。
圭子は、なおもうつむいたまま、かすかに肩がふるえていました。
「は、はい」
会いたいといってくれば、夜中でを迷わず飛んでゆく。
溝をなぞって穴に指をねじ込むと、背中を反らせて大きく声を上げる。
県境のラブホテルに度々行ってることもわかりました。
妻は笑顔で平然としている。
私はそれまで、秋本君の家には何度か遊びに行ったことがありましたが、その日は特別な気持ちを感じていました。
「あら、先生、飲み会はいかがでしたか」
その、濃い桜色に染まった部分に私はしゃぶりつき、舐める。
お姑さんとの仲も自然とよくなり、今では夫よりも、私の方が本当の親子のように仲良くなりました。
女にしゃぶられてヨガるなんてもっての他!と自分に言い聞かせましてな。
ええ、そうです。
「やめろ。やめるんだ!」
この年代は「まだまだ若い人には負けない」という見栄もあり、堂々と振る舞うようだ。
その問、女性関係が全くなかったかといえば、一人の男として、プロの女性との関わりを持ったことはある。
有頂天だった私は地味なカーテンを花柄のものにかけ替えたり、料理本と首っ引きで彼のために美味しい料理を作ろうと奮闘したり、しばらくは甘い新婚気分を昧わいました。
わたしがそれとなく視線を送っていると、女は微笑みながら近づいてくる。
大人のオモチャ屋に行くと、ドライオルガスムス関連の器具「アネロス」が何種類も展示されて、売られています。
さらに奥までヌラヌラ押し込むと
よっぽど老けこんで見えたのは、妻を失くして落ち込んでいたためだ。
ですが掌に折り畳まれている紙幣の厚みを感じていると、私はどうしてもそれを投げつけることが出来なかったのです。
促して座を立つと、
(こんなときは、ヤケ酒を飲むに限るわ。ええ、今夜は思い切り飲んでやレますとも!)
彼女たちに言わせれば、女同士だと気を遣わなくていいから思いっきりハメを外せる、ということのようです。
乳飲み子を抱えているという身の上は嘘ではなかったようです。
その晩は二度オナニーをして、翌晩は三度。
「女とイッパツやりてえな。おれ、昨夜豆腐屋のおばちゃんにやらせてもらった夢みちゃってよお。目を覚ましたら、パンツの中に漏らしちゃってた」
夫と住んでいた郊外の屋敷を処分し、都内のマンションを購入しての一人暮らしは、全てが新鮮で、日々生きている実感を噛み締めるように喜びに満ちたものでした。
「あなたはきれいだ、とてもきれいだ」
張りがなくなり萎みかけた乳房を揉みあげられた時、一瞬だけ自分の体型の崩れを恥じる気持ちが湧いたのですが、すぐに巧みな舌と指の動きに抵抗をやめてしまいました。
奥さんが気持よさそうに喘ぐ。
また、サチコの肉体の魅力の発見も尽きなかった。

マキシング・ブルーレイ・ザ・ベスト 02

サンプル動画