性接待 凌辱倶楽部 かすみ果穂

タイトル: 性接待 凌辱倶楽部 かすみ果穂
キーワード: DVDトースター、ハイビジョン、独占配信、デジモ、凌辱、OL、単体作品
女優: かすみ果穂
メーカー: アイデアポケット
レーベル: ティッシュ

ネットの口コミ

「誰が本命なのか」
と、私の顔の横に置いた手を立てて上半身をのけ反らせ、わななくようにからだを震わせたかと思うと、次の瞬間がくっと力が抜けて私におおいかぶさってきました。
拒否されればされるほど私が燃え上がっていくことを大家さんは見抜いていたのでしょう。
私は苦笑いして、「うん、そうだよ」と答えました。
「その間に?」
「うん、僕の好きなおマxコの形状だ。きっと僕のとぴったり合うと思うよ。ほら、目を開けて、僕のを見てごらん」
「あら、そうかしら、いつもと同じよ」
大学に進学してからも、私は時々先生と逢ってホテルに行き、不倫の関係を続けていましたが、社会人になってからは、私の勤め先が遠かったことや仕事が忙しかったことなどで、あまり逢えなくなっていました。
コンパの流れで、学生たちが歌舞伎町へ繰り出すかもしれません。
「か、看護帰さん」
私は、取りつかれたように毎晩毎晩相手を変えてセックスしていました。
射精寸前まで来てましたがら対処法を聞きたかったのです。
「あっ、湊い、いいい…」
おしゃべり、携帯メールの他、化粧している女子学生もいる始末。
たちまち耳障りのいい音が室内に響いた。
私たちは両手をかたく握り合って、しばらく泣いていた。
「自分でちょっとしたビジネスをやっている」
つまり、見習い探偵として雇われることになった。
しかし、個室と違って適度に気が散るせいか発射までの時間がコントロールできるので、なかなかその気にならず、いくらでも舐め続けさせることができます。
「どうじゃどうじゃ、これで好いか?」
カウンターのなかの娘にも飲むようにつげた。
(こんなこと、もうやめにするべきだわ)
夫人のつけた香水と入り交じり興奮させられた。
嫉妬と悲しみが、カラダを埋め尽くしていました。
これが効きました。
目覚めたのは八時過ぎのことでした。
でも、いきなりの要求には二つ返事で応じなくてはならない。
肉穴はたっぷり濡れていましたので、簡単に奥まで入れることができました。
そして、膣とは違う穴が、むず痒いようなくすぐったいような、それでいてぞくっとくるほどの快感がときおり背中を走り抜けるのです。
そんな私に近づいてきたのが御歳六十五歳のKさんだった。
カーテンの隙間から部屋は豆電球がついているということだけ解ったのですが、何の音も聞こえず、私はもうご主人は寝てしまったのだと思いました。
俺と同期入社の一流大学出のエリートなどは、自己売買部門に配属され、まったく呆れるほどの給料をもらっている。
幸恵は浴室でのセックスということに興奮をもよおされてか、意外と素直に私の誘いに応じてきた。

性接待 凌辱倶楽部 かすみ果穂

サンプル動画