痴漢電車で犯されて 降車不可能!発射必至! ノンストップ暴走痴漢電車6時間

タイトル: 痴漢電車で犯されて 降車不可能!発射必至! ノンストップ暴走痴漢電車6時間
キーワード: 独占配信、デジモ、4時間以上作品、ベスト・総集編、痴漢
女優: 希美まゆ、天海つばさ、かすみ果穂、Rio、二宮沙樹
メーカー: アイデアポケット
レーベル: アイデアポケットBEST

ネットの口コミ

あの綾子さんはさすがに話には加わりませんでしたが唇を噛みしめてじっとうつむき、その表情からは嫉妬を通り越して怒りの炎が立ち上っていました。
「ああ、イッちゃう。だめえ…」
「あはん……気持ちいい。もっといじめて…」
女友達はいくらでもいるけど、セックスはしません。
「首、絞めて、締まるから」
出かける三人を見送る私。
そして、口全体を使い、まるで甘いアイスクリームを味わうかのように、美味しそうに何度もしゃぶった。
そんな松山先生の言葉を聞きながら、私の頬を涙が伝い始めていました。
ところが、一息ついたときでした。
綾香は絶叫し、私も満足を覚えながら止め処もなくあふれ出る愛液を飲み込んだ。
こんな私でも女なんだ……。
うわずった声で年増ホテトル嬢が喘ぎました。
「汚れると困るでしょう?」
おしゃべり、携帯メールの他、化粧している女子学生もいる始末。
だが、先輩の次の言葉で了解した。
私は朝寝坊タイプで午前十時までベッドにいるが、彼女は二ワトリのように早起きで早朝の四時には床を出て朝食の準備を始める。
妙なことから喧嘩になって
俺は女の中を指で掻き混ぜながら、ズボンとパンツを脱ぐ。
エロい雰断気が感じられません。
「ちよっくら待ってくだっせえよ、おらいま腹ン匍いになるだ……」
ゆっくり揉みはじめると、微かに「ああ」と声をもらした。
ですがまた掌に何枚か畳まれた紙幣を握らされてしまった私は、彼がスラックスの前を開けて赤黒い肉竿をムックリと出してくると、促されるまま口の中に吸い込みました。
「いいじゃないの、散々舐めさせておいて嫌もないだろう」
ある朝、洗濯をしようと、夫のズボンのポケットをまさぐっていたら、それが見つかったのです。
こっちも相当異常になってたんです。
私もじっと仰向けになっていられず、上半身を起こし、尻に枕を当てがい、背後から桃太郎の乳房をまさぐり、片方の手を股間に伸ばしました。
物心が付き始めた頃、排便の跡を母に紙で拭き取ってもらっていた記憶。
私は湯船のお湯が口に入ってくるのもかまわずに、乳房にしゃぶりつきました。
それも、この年になって……。
そんなときD爺さんが便所に来て私の横に立った。
ずっと家庭優先でしたので若い頃の女友達との付き合いをおざなりにしてきたツケが、今となって、誰も友達がいないという形でまわってきています。
「ほっ、ほんとですね」
と訊いてきたので納得した。

痴漢電車で犯されて 降車不可能!発射必至! ノンストップ暴走痴漢電車6時間

サンプル動画