陵辱 中出し病棟

タイトル: 陵辱 中出し病棟
キーワード: デジモ、看護婦・ナース、中出し、凌辱
女優: 夏目ナナ、紅音ほたる、星ありす、乃亜、かすみ果穂、長澤つぐみ、一ノ瀬カレン
メーカー: SODクリエイト
レーベル: SOFT ON DEMAND

ネットの口コミ

「んもう、内海さんたら。あなたってあたしが手を貸してあげないと何もできない人なんだからぁ」
根元をぎゅっと握りしめたまま、手からはみ出した部分を一気にまるごとくわえこんできました。
男根の付け根に射精直前のムズムズが込み上げてきて絶頂が近いことを悟ったのです。
それで相手の気持ちがおさまるのなら、飛んできてよかったと思う。
そう思って定子の誘うままに、私は膣内へと挿入を果たした。
一緒にいてもなんだか場違いなのです。
愛撫されて感じてしまうのは、やはりこれを商売にする女の本意ではないのだろうと私は考えた。
と言いました。
ずるいといえばずるいやり方です。
「私で元気になってくれるのなら」
セックスは、当然のように遠のいていきました。
「ワシも気持ちいいぞ。勃ってる。どうする?」
「ええ、お願い…」
「お、おい。君、だいじょうぷか?」
「そこを指で開けよ」
「まだ寝てたらいいのに」
郷里の両親にはホテルを辞めたことはまだ内緒でした。
「いいから、渡しなさい!」
どうやら、ドライオルガスムスの実践方法について、試供品を提供する会社の人間と実際にそれを試すことになったタレントの間で、話が盛り上がっているようでした。
「んだば言うとおりにするんじゃ」
「僕は、この町に来たばかりなんです」
自分でも気づいてなかったのですが、急に家計のことで頭を悩ませるようになった私は、同じフロアに住む貫井夫人からここのところ外で見かけるといつも憂鬱な顔をしていることを指摘されました。
私は一息ついてから、そこに口をつけた。
絶頂への階段を疾走する、ウォーミングアップでした。
「お願いがあるの。お尻をぶってほしいの。腫れ上がるまでぶって」
幸いと言っていいのでしょうか。
と私はその時思ったのだけれど。
と言い出したからびっくり仰天。
「どう? いつもよりずっと感じてるんだろう? 今度はどうして欲しい?」
飲みに誘うのはもちろんのこと、占いと称しては手を握る、マッサージといっては肩を操む。
私は、子供たちが小さい時の汚れが残る狭い家で一日を潰すほどの家事もなく、遊び回れるほど余分なお金もなく、主人が帰宅するまで死ぬほど退屈に暮らしているのでした。
を連発し、さっきまでの理性のかけらもない。
幸恵のほうは、いきり立った私の肉棒を手に握りしめ、上下に擦ってやまない。

陵辱 中出し病棟

サンプル動画