瞬殺!一撃バズーカ顔射 かすみ果穂

タイトル: 瞬殺!一撃バズーカ顔射 かすみ果穂
キーワード: 3P・4P、騎乗位、単体作品、ハイビジョン、独占配信、デジモ、顔射
女優: かすみ果穂
メーカー: アイデアポケット
レーベル: ティッシュ

ネットの口コミ

「はあ?」
とにかく圭子が承知したのなら、世間がなんと言おうと二人を応援してやろうと決めていたのですが……。
OKしてもらえる確立は五分と五分。
いや、会社勤めをしていたころから私は、そんなことばかりしていた。
定子の部分は早くもしっとりと潤んでいた。
「ええっ?」
「締麗だね」
その晩、私は先生とのセックスを想像しながら、何度もオルガスムスに達したのでした。
私は加奈子を腰の上に抱きかかえ、肉棒を使いました。
「やああん、だめえ、お客さん、感じちゃう!」
石女。
なんと手を小生の尻に伸ばしてケツメドに指をヌッポリと突き立てたのです。
「なら、安心なさい。僕がちゃんとしてあげますから……」
その時私は、どうしても肛門性交がしたいという衝動に駆られてしまったのです。
「大丈夫さ。皆は引き上げてしまったよ」
青春時代への回顧である。
仕事に関する秘密主義を除けば、照雄は私にとって申し分のない恋人でした。
「ああも、く、臭くて、い、いいわっ」
これはあくまでも個人の感想ですが。
「戻されるに事欠いて、寝小便とはなあ」
「あした来てくれる?すぐ近くのマンションだから」
「あら、そうですか」
まるで穴を隠すように肉がひしめきあっているようでもある。
夫の勃起は、炎のごとく熱く鋼鉄のように硬くバットさながら大きくなっていました。
持参していたスキンを装着する余裕がなく、あわてて引き抜いて真っ赤に腫れ上がった尻にドビッと射精しました。
「あらぁ、珍しい」
襞の隙間を爪で挟ってみたり節で小突いてみたり。
私は強く唇を押し付けました。
「うっぐふうっうっ……」
とか何とかいって甲斐甲斐しくもてなしてくれたがこのごろは邪魔もの扱い。
ですが十一時頃、主人が帰ってきたので玄関まで出迎えに立つと、お隣のドアがパタンと閉まる音が聞こえました。
「ダメよ」
この私の言葉に大喜びしたサチコは、それこそ至れり尽くせりのサービスで歓待これ努めてくれた。

瞬殺!一撃バズーカ顔射 かすみ果穂

サンプル動画