イキを飲むほど麗しい人妻たち

タイトル: イキを飲むほど麗しい人妻たち
キーワード: 拘束、シックスナイン、人妻、4時間以上作品
女優: 吉沢明歩、矢野沙紀、森ななこ、木下柚花、佐山愛、乙音奈々、春咲あずみ、芦名未帆、かすみ果穂、みひろ
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

陶芸歴も長く、とても多趣味なご婦人です。
「おまえも、ずいぶん偉くなったものだなあ」
「あたしもよ。好きよ!」
亭主が南米のペルーに単身赴任して、いまは子供二人と暮らしています。
定子の方も、よほど苦しいのかあからさまな拒絶を示そうとしない。
夫が私に触れることもなくなって、もうずいぶんになります。
女の上手な舌枝に、私が危うく射精してしまいそうになると、女はそれと察知して、ようやくペニスを口から解放した。
そう咳いて、私はパンティの中に手をもぐり込ませ、先生からそうされていることを想像しながら、クリトリスに指を使い始めていたのでした。
「ただいま、すぐに、すぐにオナニーを始めますからッ」
しかし、長年の無理がたたってか、六十半ばで病魔に襲われた。
しかし、もともと気丈なタイプなので、しばらくすると冷静に検査の結果を受け止めてくれて、私にそれまでのことを詫びてくれました。
ときた。
以来、結婚はすっぱり諦め、幾人もの男性達と自由気ままな肉体関係を続けてきた私でしたが、五十も半ばになると、さっぱりいけなくなりました。
お腹の具合でも悪いのでしょうか。
うわ~、何て甘いいい匂いなんだろう。
「それは私も同じよ」
と考えると、私は深く詮索するのは得策ではないと感じました。
そして、向かいに座った彼女に訊ねられるまま、わたしは今までの人生を語る。
これはあくまでも個人の感想ですが。
「糸子の離縁に就いて話がある」
「うん、宵宮のつもりで来たよ」
本当にそんな恐怖に駆られて絶叫してしまいましたが、私のお尻の穴は太く硬い貫井氏の肉塊が何度も抜き挿しを繰り返しても裂けたりしませんでした。
夫人はじっと動かず、
しかし、不倫を犯すことへの抵抗はぜんぜんありませんでした。
と。
私は夢中で尻を撫でさすり、腰を引き寄せ、いきなり割れ目に唇を押しつけました。
半ばまでめくったところで、私の目が吸い付いた。
(これがオマxコかぁ)
その日、吉崎さんは私のお尻の穴をそこ専用の細いバイブで弄び、私は全く未知の快感に酔いしれて…。
この日が来るまではあれもしたい、これもしたいと考えていたが、いざそのときが来るとぼんやりと一日を過ごすだけだ。
子供たちがいるうちは、私のように平凡な女は、家に入り家族に尽くすことが主人と子供の幸せに繋がるのだと信じてやってきました。
俺はここぞどばかりに具体的な銘柄名を上げた。
しかし、そうした仕事が私に『金運』をもたらしたのは事実で、わずかの間に小金を手にすることのできた私は、ちょいとした衣料品の会社を興すことにも成功し、三十歳前にして社長の地位を占めるようになったのである。

イキを飲むほど麗しい人妻たち

サンプル動画