団地妻の憂い かすみ果穂

タイトル: 団地妻の憂い かすみ果穂
キーワード: 騎乗位、DVDトースター、単体作品、人妻、巨乳
女優: かすみ果穂
メーカー: アイエナジー
レーベル: 暴夢

ネットの口コミ

が、女性というのは不思議なもので、口論を続けるうちには袖にされた者も情交を交わした者も一致団結し、大挙して私の元にやってきたのです。
「そうね。あなたにこんなふうに言ってあげたいって、いつも思ってたの。ふふ、わたしがひとつ年上だからかしら」
それで意を決して切り出したのです。
あとで聞いたところによると、亭主のちんちんはなかなかちゃんとした固さにならなくて、それがなんだか空しく、そのうち咥えるのがいやになってきたのだとか。
これでケバケパしい化粧や髪型を施し、大胆な衣裳でも身につけて町を歩けば、巷の男どもは黙ってはいまい。
そんな時、友人とゴルフに出かけたはずの夫が、駅前で女性を車から降ろすところを目撃してしまったのです。
私に隠れて借金でもしていたのか。
と言うと、思い詰めた私の声が心配になったのか、先生はその日の夜に私と逢う約束をしてくれました。
彼女は、両手を差し出レ、肩までの豊かな髪を靡かせて、私の胸に飛び込むような勢いで近づいてきました。
「このままじゃ、また、病院に……」
夫は、相当ショックだったのでしょう。
と反論し、唾液でヌルヌルになったケツメドに指をヌブッと突き立てました。
なるようになれ、出たとこ勝負。
麻美は丸い尻肉をさらけ出しながら、懸命に哀願しています。
「やっぱり、見事な尻だ!」
もう一度言ったが、やっぱり彼女は何も言ってくれなかった。
ただし、マニュアルはあくまでマニュアル、カッコいい男性客の前だと、とりわけ愛想がよくなるのは当然です。
「いいえ……、それで」
あれは去年の暮れの頃のこと。
と尋きながら、藤右衛門はウームウームと顔をしかめる。
意外な誘いに胸騒ぎがしてくる。
自宅に戻ってから掌を広げてみたのですが、そこには一万円札が六枚も折り畳まれていました。
両手でいじくり回すと壷口が大きく開き、濡れて赤昧を帯びた「うにの身」がペロリとせり出してきた。
(ウチの人にだって、ここまで情熱的に舐めてやったことはないわ)
「そこ、舐めてみたいと思わない?宴会が終わったら、お部屋で待ってらして。あたし、必ず行くから。ね?」
芸者衆の中では一番の年上で、四十前後といったところでしょうか。
もう一度シャワー浴びておこうかしら……。
とくに乳房を強く吸うと、オマ×コの締まりがいいので、チ×ポを強く突き入れておいて乳首を強く噛んであげたのです。
朦朧とした意識で何とか目を覚ますと、目隠しは外されていましたが、手錠はかけられたままでした。
とか何とかいって甲斐甲斐しくもてなしてくれたがこのごろは邪魔もの扱い。
忘れかけていた硬い熱芯が女の部分を刺し貫いてきた時、私も浅ましく自分から腰を浮かせ、子宮に届くほど奥まで受け入れてしまったのです。
「ああダメ~、もっとしてぇ」
しろうとの令嬢と寝たこともあった。

団地妻の憂い かすみ果穂

サンプル動画