ATTACKERS Anthology.2012

タイトル: ATTACKERS Anthology.2012
キーワード: 独占配信、ベスト・総集編、凌辱、レイプ・強姦
女優: 麻美ゆま、JULIA、かすみ果穂、織田真子、御厨あおい、成宮カナ、愛花沙也、みなせ優夏、さとう遥希、周防ゆきこ
メーカー: アタッカーズ
レーベル: アタッカーズ アンソロジー

ネットの口コミ

これは四十年に及ぶ教職の作業とも相通ずるところがあって、まさに私の真骨頂。
こんなふうにおだやかにひと晩じゅう繋がっていたい、そういう思いが私にはあったのですが、はたして女の圭子も同じであったかどうかはわかりません。
さすがに中出しさせるわけにはいかなかったのでしょう。
そんなとき私は、石田純一のように「不倫は文化だ」と答える、というわけではないが、「人生の時間はあっという間に過ぎてゆくんだから、大切にしないとね」というようなことくらいは言う。
「ううん、もっと」
じゅるじゅるといやらしい音が聞こえてくるほどの蜜が、ヴァギナから溢れてきます。
均整の取れた妻の後姿は、AV女優のように美しかった。
そして、ふと会話が途切れた時、秋本君のベッドに腰掛けていた私の横に、彼が座り込んできて、
「加奈子さん、やっぱり、処女は大事にしておいたほうがいいんじやないの。このままボクが頂くとなると、凄い責任を感じてしまって…」
綾香は絶叫し、私も満足を覚えながら止め処もなくあふれ出る愛液を飲み込んだ。
夫の両親との同居は、夫の両親がまだまだ現役で働いていたこともあって、今すぐに同居するのではなく、もっと先になってからということになりました。
直腸の括約筋は膣なんかとは比べものにならないほど強靱で締め付けがきつく、腰を前後させると肉ザオが直腸内でスライドせずにすぼまりごとグワーッと浮き上がってくるのです。
キッチンのテーブルにはワインと相性のいいオードブルがきちんと並んでいて、またまたびっくり。
時間を潰すのは得意ではないので、私は玄関のチャイムを押しました。
葉月も真剣にボールを追いかけている。
昭和二十九年の春、私は大学に合格して、故郷を離れることになった。
「ああ、幸枝ならきっといい奥さんになってくれるだろう」
女将は抗いを見せず、わたしに身を任せたのだった。

手を引いて奥座敷へ……見るとそこには厚ぼったい寝床が敷かれ、枕許にはスタンドが点いていた。
まったく、助平爺を絵に書いたようなものだ。
(こんなこと、もうやめにするべきだわ)
妙な注文をする。
夫と直接対決するのは、得策でないように思えました。
憎悪が込み上げてきて、つい言葉も荒くなってました。
「あかんて、そんなにしたら、出てしまうがな」
顔などとても覚えていられない。
それどころか彼女は私の胴に足を巻き付けオマ×コをくっつけてくるのです。
鳴呼……何なのでしょうか…この異様な快感は……。
そんな私に近づいてきたのが御歳六十五歳のKさんだった。
普段からご主人という方はレンジで温める食事すら面倒臭がって大変だと木原さんの奥さんから聞かされていたので、ふと、夕飯のおかずを作りすぎた私はタッパーに詰め、お隣に持っていこうと思ったのです。
元はスチュワーデスをしていて機内で知合ったらしい。
さらには私たちの同胞と思われる日系らしき人の遺体も混じっていた。

ATTACKERS Anthology.2012

サンプル動画