感汁女 解放された性欲 かすみ果穂

タイトル: 感汁女 解放された性欲 かすみ果穂
キーワード: 単体作品、3P・4P、デジモ、独占配信、ハイビジョン
女優: かすみ果穂
メーカー: アイデアポケット
レーベル: ティッシュ

ネットの口コミ

智子さんが得意げに私との情事を周囲に話したらしく、智子さん、喜美恵さん、波恵さんが三つ巴の口論を始めてしまったのです。
圭子の手をとり、すこし腰を浮かせながらペニスを握らせてみました。
「ん? 珍しく出掛けてるのかな?」
男には嫌われても、女は心を許してくれる。
「ねえ、早くう」
それを見ると私も、女性としてこの上ない幸せを感じるのです。
妻は若々しくて美しかった。
私のその思いは、もう執念にも近いものになっていたのかもしれません。
「先生、わたしったら…」
そういいながら勃起しない私をしゃぶってくれる。
ある日、お姑さんがやってきました。
「うお!」

その時私は、どうしても肛門性交がしたいという衝動に駆られてしまったのです。
さらに、そこを照らすのは照明灯のこぼれた光だけだ。
彼女は少女のようにはしゃいでいた。
彼はいつもひとりでやってきて、新聞を読みながらゆっくりコーヒーを飲んだり、食事をしたり、時にはビールを注文することもありました。
「大家のヤツ、ケチったかな」
十五分ほどして、ホステスが現れました。
「わしの魔羅じゃ駄目だっつうのか?」
タラの芽が、喉にひっかかった感じだ。
ドンャ降りの中、自宅まで送ってくれるというので、つい私は乗り込んでしまいました。
バイブの嵌まっていたアナルにたっぷりとゼリーを塗りつけ自慢の肉棒をゆっくり嵌め込んだ。
夫は、金使いまで荒くなっていったのです。
後で知ったことですが、彼女の父親は厳格な教育者で、幼い頃、悪さをするたびにこうして尻を叩かれたんだとか。
「まあ、元気なこと」
ヴァギナも負けてはいない。
私は強く唇を押し付けました。
私は今までになく期待と不安とが渦巻く気持ちを抱きながら、彼の瞳に視線を絡ませました。
そんなことを考えると何だか顔がほころんでしまうこのごろだ。
ただお隣にタッパーを持っていくだけだというのに、私は化粧台の鏡の前で白髪が目立たないか髪を整え、軽く白粉をはたき、妙に上ずった気分で出ていったのです。
そして感動的で圧巻だったのは、射精を果して俺の糞まみれになったチンポを、その上品なロに含んで綺麗に舐めとってくれたことだった。
「もう我慢できない。早く、早く、オチ×コをあそこに入れてちょうだい」

感汁女 解放された性欲 かすみ果穂

サンプル動画