ランジェリーナJOY 第2章 エロ過ぎる魅惑の下着姿で悩殺する美女達の8時間 SEX

タイトル: ランジェリーナJOY 第2章 エロ過ぎる魅惑の下着姿で悩殺する美女達の8時間 SEX
キーワード: ベスト・総集編、ランジェリー、その他フェチ、独占配信
女優: Rio、希崎ジェシカ、前田かおり、美雪ありす、かすみ果穂、初音みのり、希志あいの、天海つばさ、希美まゆ、並木優
メーカー: アイデアポケット
レーベル: アイデアポケットBEST

ネットの口コミ

彼女の瞳には嫉妬の色がありありでした。
だったら、いっそのこと・・・。
これで気を良くした私はさらに大胆な行動に出ました。
「変なの。私、SMの趣味なんかないわ」
定子の部分は早くもしっとりと潤んでいた。
ほんの一瞬、痛みを感じましたが、すぐにそれは気持ちよさに色を変えていきます。
「了解しました。五一六が姫、五一七が人妻ですね。これから直ぐに向かわせます。タマキさん確認お順いします」
キスをしながら、グイグイと出し入れを続けられているうちに、私は頭の中がボーッと霞んでいき、たまらない快楽に全身が包まれていきました。
驚きのあまり、私は、そんな風に念を押してしまいました。
何もホテルにしけこむことはない。
そして、不妊治療をして子供が望めるのであれば、そのようにすればいいと…。
これが二十歳がそこらの風俗嬢のセリフだったら嘘臭くて白けるところですが、年増女の口から聞かされると妙に真実味があるのです。
「よくご一緒になりますね。よかったら今度から一緒に走りませんか。その方がお互い張り合いが出るでしょう?」

同時に髪を解いた。
「あっ…」
「ウチのクラブはガラの悪い外国人船員なんかもウロウロしているから、やっぱり幸枝はこないほうがいいよ」
その日小生は久しぶりのセックスを堪能しました。
仕方が無いので、二日後に素人妻を指名して、たっぷり泣かしてエロ気分を満たしました。
そこへ追っかけに、伝兵衛から呼び出しが来たのである。
ママさんも、放ったらかしで好き勝手にさせていた。
だから会社の経営も景気が少し悪くなったあたりで傾きだしてから、立て直すことが出来ないまま悪化させてしまったのでしょう。
尻の肉を痙攣させ射精する千葉氏。
(いくら何でも、朝帰りなんて、いままでになかったわよね。おかしいわ)
ですが、そのお陰で、こっちはいい迷惑です。
呆然と湯に浸かる私に笑いかけながら、綾乃は何事もなかったかのように体を洗い、もう一度、宿に遊びに来るように私を誘ってから、そのぽってりした白い尻をふりながら、露天風呂から出ていったのです。
土台、洗面器の上で大股開き、剥き出しの股間を晒しているだけでも発火してしまいそうなほど恥ずかしいのだ。
「ここに座っていいかね」
私は吉崎さんの指にまとわりついた、自分の淫らな匂いを嗅がされて、思わず恥ずかしくなり顔をそむけました。
私は久方ぶりに興奮した陰茎を支え、彼女の中に埋没させたのであった。
その時、あっさり閉められていくドアの隙間から玄関の三和土に見慣れない女物の靴があるのに気づいたんです。
何と言っても俺のクビがかかっているのだからしかたない。
「いいわ、いいのよ……ああっ……」

ランジェリーナJOY 第2章 エロ過ぎる魅惑の下着姿で悩殺する美女達の8時間 SEX

サンプル動画