一人で盛り上がるオナニー全力投球!! 2

タイトル: 一人で盛り上がるオナニー全力投球!! 2
キーワード: オナニー、4時間以上作品、その他フェチ
女優: 吉沢明歩、由愛可奈、横山美雪、藤井レイナ、萩原舞、二宮ナナ、立花さや、かすみ果穂、さくらじゅり、木下柚花
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

男は人生で三度旬を迎えるなどと申します。
で、卒業論文と格闘している合間を縫って、同じ大学に通う弟とふたり、ようやく当日に駆けつけたのでした。
命じられた通りにわずかに上に指をずらすと、コリッとしたシコリのような感触に突き当たりました。
それに、気が強くて明るい性格だった前の彼女よりもずっとスケベな女でした。
「よし!」
垂れた乳房、たるんだお腹の肉、大きなお尻。
大胆なカットの三角ブラジャーと、小さなビキニショーツを穿いていた。
そして先生の指先が私の割れ目に触れてきた時、自分で触る時の何倍も敏感に感じて、私は、おかしくなりそうでした。
「この庭園の中に和服の加奈子さんが立ったら、どれだけしっくりと見えるでしょうか」
「か、看護帰さん」
こんな私でも女なんだ……。
喘ぎそうになるのを堪え、照れ隠しで懸命に制止しましたが、ホンネでは「もっとやってくれ」という気分でした。
私の秘部は乾いていただけで、女の悦びまでは失ってはいなかったようです。
「お、おい。君、だいじょうぷか?」
その直後、人の気配を感じたので、男子トイレの個室に飛び込んだ。
「これじゃ狭過ぎるな。引っ越すか」
ヤリたい盛りの私にとって、週に一度程度のセックスではいかにも物足りませんでした。
それが証拠に乗り合いバスで若い女の隣に座っても、席を立たれることがなくなりました。
「どうした、もっとしっかり咥えんか」
「エエッ?だっておら……今見た通り寝小便するような粗忽者だで……とても大旦那さんのお上さんにゃ……」
「わたしたちの頃は、少なくなったわ。それでも……」
私が両腿をモゾモゾと動かしてたから、彼は淫らな飢えに気付いたようでした。
「もし、よろしけれぱ一度お目にかかりたいのですが……」
西島の口唇は、迷うことなぐ過敏な肉粒を捉えていました。
眩しいほど白くムッチリ盛り上がった尻が露出しました。
雨は小降りになってはいましたが、まだ降り続いていました。
「別に。だって、自分が楽しいんだもの。前よりすっと張り合いがあるくらいだわ」
「こんなこと、冗談では言えんやろ」
それでも離婚しなかったのは、正妻の意地と申しましょうか。
特に八十六にもなる爺さんなんかは端で見ていても恥ずかしくなるくらい、S婦人に露骨なモーションを掛ける。
私は、彼の浮気の口封じの為に抱かれたのだと気づきました。
そう、男の武器だ!
だが、金への魅力もさることながら、心底から私のことを嫌いになったわけでもなさそうだった。

一人で盛り上がるオナニー全力投球!! 2

サンプル動画