かすみ果穂コレクション・シーズン 2

タイトル: かすみ果穂コレクション・シーズン 2
キーワード: 3P・4P、ベスト・総集編、女子校生、痴女、単体作品
女優: かすみ果穂
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

「はあ?」
弟は、仕事の能力はあったのですが、あまり人望がなかったわけです。
が、これにはさすがの大家さんもビックリしたようで、
そうしていつのまにか、どんなときに体が疼いてくるのか、というような話になってゆき、気がついたら二人でホテルにしけこんでいた、ということになるわけです。
「私、ちょっと横になりたいです」
時には、泣きたくなってしまうのです。
女はスリップを脱いだ。
秋本君と逢わずに勉強に専念したせいでしょうか、私は第一志望の女子大に合格することができました。
ホテルの玄関で、加奈子は一瞬の戸惑いを見せましたが、私に手を引かれる格好で黙ってついてきました。
「ど、どうぞ……」
ある日、お姑さんがやってきました。
「いやーん、そっちはだめえ。恥ずかしい」
でも、逃げ通すのもできない相談です。
退学理由は家庭の事情となっていました。
その時、割れ目から透明な液がネバーと糸を引いた。
私の家は美登利の家から更に奥に入るのだが、小学校の頃から学校の帰りに、よく立ち寄っては馬小屋をのぞいたものである。
彼は私の大きなバストをたっぷり時間をかけて愛撫し、充分に高まらせておいて、次に太腿や下腹に舌を這わせました。
女は叫ぶが、俺は口を塞ぎ、足を開かせて股間を弄ぼる。
「奥まで咥えてしっかり舐めないと、いつまで経っても行かないぞ」
くぐり戸を通って内玄関へ行くと
よっぽど老けこんで見えたのは、妻を失くして落ち込んでいたためだ。
いくら家計の為、娘の為と思っても二度と出来ることではありません。
そして驚いたことに目を閉じている千葉氏に近づくと、べったら漬に似たように力を失った肉棒を愛しそうに拭う。
その中には、それこそ絶体絶命の危機もありました。
しかも手を彼女のスカートの中に誘導されて、アソコを触らされたんです。
でも夢ではありませんでした。
はまるで水中の吐息。
とくに乳房を強く吸うと、オマ×コの締まりがいいので、チ×ポを強く突き入れておいて乳首を強く噛んであげたのです。
そんな……この私が?
するとKさんは私の手を取り、潤んだ目で見つめながらいった。
「一人で飯食っても味気がないんで、少しあがっていきませんか」
俺と同期入社の一流大学出のエリートなどは、自己売買部門に配属され、まったく呆れるほどの給料をもらっている。
「どうなさる?」

かすみ果穂コレクション・シーズン 2

サンプル動画