この男責めがスゴい! 3

タイトル: この男責めがスゴい! 3
キーワード: ベスト・総集編、4時間以上作品、痴女
女優: 横山美雪、吉沢明歩、木下柚花、森ななこ、大塚咲、小沢菜穂、衣川由衣、広田さくら、紅月ルナ、美藤れん
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

四十年以上も務めた教職を定年で退官し、「これからは趣味に生きるぞ」と家族に宣言して、釣りだ、社交ダンスだ、パソコン教室だ、と手当たり次第にかじり始めたものの、しかしどれも長続きせず、辿り着いたのは市で主催している陶芸教室でした。
「あなたが近くにいるから…」
しかしそれが運の尽きでした。
していたら、私を相手にすることなんか、とっくにやめていたはずです。
そして、定子の背中に手を回し、ブラジャーのホックを外す。
全身が性感帯になっているようです。
女が恥ずかしそうに私の胸に顔を埋めた。
私が黙って頷くと、
「いえ、先生は、ほかの先生方とも、事務所の男性たちとも違います。女性たちにちやほやされても、決して浮ついたご様子もなく…わたし、先生はやはり家柄が違うのだなといつも感心しておりました」
「やああん、そこ、いやん、あん、だめえ、やああん」
そんな生活が一年ほど続いたでしょうか。
カミさんにだって尺八なんかしてもらった経験はなかったから、イチモツをチュルチュルしゃぷられるとムズ痒い快感が湧いてきて、つい声が出そうになる。
「どうです、いい感じでしょう?」
その日の夕方、大学の講義を終えた私は麻美の家に向かいました。
「はっきり言わなきゃ分からないぞ」
だから、あまり顔を見ないことにしたのだが、それを彼女は察したらレく悲しげな表情をした。
住所が変わったことは適当にごまかしていましたが、いつ同棲がパレないともかぎりません。
もちろん私とて想像する分には興奮を覚えるが、そんなことをしていて、もし警察にでも通報されたらどうするというのだ。
オナニー愛好家の隠れたヒット商品のようです。
「ホホウ、こんなものじゃ未だ足りねえと、ソンじゃあこうか?」
ママさんの手が、わたしの肩をたたいた。
今度貫井氏から連絡が来たらどうしようか、まだ自分の気持ちが定まりきっていなかった数日後。
ビールをジョッキ一杯でも真っ赤になってしまう。
(やっぱり、私を裏切っていたんだわっ。私を騙して、どこの馬の骨かも判らない若い女とセックスしてたんだ、私を笑い者にしてたんだわ!)
ビシッと尻を叩きます。
「んんんっ」
『世の中、自分の思ったとおりになんか運ばないのよ、律子さん』
その公園の近くには、連れ込み旅館が点在しています。
私は今までになく期待と不安とが渦巻く気持ちを抱きながら、彼の瞳に視線を絡ませました。
私は彼女の衣服を剥ぎ取り、乾いた肌に舌を這わせる。
今どきの若い娘が履くようなヒールが高く足をつっかけるだけのミュールというんでしょうか。
「いいわ。あなたが言うとおり買ってあげる」
口癖のようにそう言う幸恵という女に、私はいっそうの愛しさを深めてやまなかった。

この男責めがスゴい! 3

サンプル動画