ちんぐり×まんぐり×アナル舐め

タイトル: ちんぐり×まんぐり×アナル舐め
キーワード: アナル、4時間以上作品、手コキ、シックスナイン、羞恥
女優: 吉沢明歩、つぼみ、かすみ果穂、芦名未帆、佐山愛、木下柚花、RUMIKA、藤井レイナ、大島彩、花美ひな
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

手を焼いた私は彼女を助手席に乗せ、向かった先はラブホテル。
だから、父を師と慕う若い女はいくらでもいて、圭子がきっとたくさんの男からプロポーズされたのだとすれば、父もまたそういう立場のひとだったのです。
私の他にも大学生が何人も居住していて風呂は共同使用でしたが、六畳一間の部屋には台所がついていて自炊もできるようになっていました。
体の疼きや亭主に対する不満など、女としてのいろんなものを懸命にこらえて生きてきた女です。
だからといって陰部が窮屈になるという理屈が分からない。
「ダメだよ、逃げちゃ。ちゃんと全部で味わうんだ。ココ、いいだろ?」
数日後の日曜日、家で寛いでいると、妻のママ友達が数人で私たちのマンションに遊びに来た。
でも、先生のことを早く忘れなくちゃいけないという思いがあったのと、クラス委員の秋本君が優しそうですごく感じのいい人でしたから、私は付き合ってみようという気になり、彼と交際することにしました。
そして、私を横目で見遣ると、
幸いガンではなかったので長期療養で命は取りとめた。
私は、女ではない……。
仲間数人と夜の街に繰り出したさい、酔った勢いでホテトル嬢なる女とラブホテルで致すことになったんですわ。
私の秘部は乾いていただけで、女の悦びまでは失ってはいなかったようです。
すると麻美本人が出ました。
「まずは、君のお尻を見せてくれ」
♪僕は生きるぞ
だいいち当時の私は彼とのセックスにのめり込んでいたので、余計なことで頭を悩ませる余裕はありませんでした。
でも、ちょっとおもしろそう。その人のこと、教えてくれません」
自称二十六歳だという元気で明るい娘でした。

「もう、田舎へ帰ろうかと思うの」
夫からは触られたこともないお尻の穴を貫井氏は自分の唾でぬめらせ、さらに指で拡げてきました。
意地悪く言う千葉氏。
「あひっ。あ、相変わらず硬いのねエ。この感触…ああ、ダメ!」
痛がって波打つ彼女の尻が妙に刺激的でした。
芸者衆の中では一番の年上で、四十前後といったところでしょうか。
でも、まだまだ私の理性は健在だ。
私は赤ん坊のように、それを吸いまくりました。
朦朧とした意識で何とか目を覚ますと、目隠しは外されていましたが、手錠はかけられたままでした。
そのとき、足がもつれペタリと床にしゃがんでしまう。
ですが十一時頃、主人が帰ってきたので玄関まで出迎えに立つと、お隣のドアがパタンと閉まる音が聞こえました。
とか、
また、サチコの肉体の魅力の発見も尽きなかった。

ちんぐり×まんぐり×アナル舐め

サンプル動画