デリバリーSEX アナタの自宅にかすみ果穂をお届けします

タイトル: デリバリーSEX アナタの自宅にかすみ果穂をお届けします
キーワード: 独占配信、ハイビジョン、デジモ、キャバ嬢・風俗嬢、単体作品
女優: かすみ果穂
メーカー: アイデアポケット
レーベル: ティッシュ

ネットの口コミ

彼女の言わんとするところはすぐに察しましたが、そこはプレイボーイの余裕を見せたというわけです。
しかし切なげに眉を寄せた圭子の表情はどこまでも悲劇的で、ふと心中する前の男女になったような心地がしました。
しかし肩に触れてきた手の温もりや甘い香りで欲情した私は狡猾にも一計を講じました。
ただ、なるべく趣味は多くして、どんな話題にもあわせられるようになろうとは努力してきました。
私は白目をむく定子を見て、戦慄を覚えた。
信号待ぢで隣に止まったトラックの運転席から見下ろされ、きっと露わになっている陰毛が目を釘付けにしているはず。
私は、少し後悔した。
「松山先生は、あの人を愛しているんだ……そして今ごろは……」
隣に座った学生が腰を密着させ、その上、さりげなく手で股に触れたりしていましたから、私はズボンの中が痔いていたのです。
最初は微かだった潤いも私が舌を伸ばして探り続けるとねっとりとした蜜がとろりとあふれ出てきた。
自分を全否定されているような気がして、何をしていても子供が産めないということが気になって、生きていることさえ辛くなっていたのです。
強烈な刺激に思わず声が出ました。
結婚前に夫と体の関係を結んでさえいたら二年もの月日を無駄にせずに済んだものをと、随分悔やんだものでした。
麻美は必死で哀願してぎましたが、私の燃え盛る淫心はもう歯止めが利きませんでした。
きっと、汗まみれの体臭と女性特有の匂いがするだろう。
それで林道の暗がりなどで、わざと先へ行って隠れて、
私にとっては生まれて初めてのシックスナインでした。
顔立ちも整っていて、どちらかというと派手な目鼻立ちだ。
これはあくまでも個人の感想ですが。
「へえ……実はそのことで…」
娘の肩を掴んで、揺すっている。
「ああ、もうやめて……」
部屋に入るとレディファーストだと夫人をせきたてて浴室に追いこんだ。
しかし、いざ西島とともに運れ込みホテルに足を踏み入れると、私はいまさらながらに愕然としていました。
「もう終わり? 案外意気地なしなのね。あなた、男でしょ? それともオカマ?」
「桃太郎です。よろしく」
その晩は二度オナニーをして、翌晩は三度。
割れ目に触れて思わず漏らしそうになりましたが、ぐっと我慢しました。
「……入れて、入れて下さい……」
そんなKさんは流し目をしながら私にいった。
忘れかけていた硬い熱芯が女の部分を刺し貫いてきた時、私も浅ましく自分から腰を浮かせ、子宮に届くほど奥まで受け入れてしまったのです。
「久しぶりだったの……」
しかしながら、当初の想像とは違って、赤線のある新宿二丁目の一画は板塀で囲まれていて、想い描いていた雰囲気にはほど遠く、なんとも殺風景な第一印象だった。

デリバリーSEX アナタの自宅にかすみ果穂をお届けします

サンプル動画