コスプレイプ かすみ果穂

タイトル: コスプレイプ かすみ果穂
キーワード: 中出し、コスプレ、レイプ・強姦、単体作品、デジモ
女優: かすみ果穂
メーカー: SODクリエイト
レーベル: SOFT ON DEMAND

ネットの口コミ

陶芸教室に通う私は二股三股をかけてプレイボーイぶりをいかんなく発揮していたのです。
われめの中心に指を入れてゆくと、湿った音が弾け、周囲のやわらかくざらついた壁がきゅうんと収縮して指にからみついてきました。
そう言って大家さんはもがきましたが、「もうその手には乗らないぞ」という気分でした。
それに、気が強くて明るい性格だった前の彼女よりもずっとスケベな女でした。
「大丈夫ですか?」
「さっき、乳首を指で弄っただけで、こんな風になるなんて。
妻は、そう言って一人で自分の部屋に入って寝てしまったのだ。
と、先生が私に間いてきました。
加奈子の躯がもんどり打って、床に倒れました。
私はそんなことまで口走るようになっていた。
私は化粧をし、大胆な服装で街をさまよい見知らぬ男性から声をかけられるのを待ちました。
仲間数人と夜の街に繰り出したさい、酔った勢いでホテトル嬢なる女とラブホテルで致すことになったんですわ。
「わ、私、だめなんです。男の人を受け入れられない体になってしまって……。
「出ていって!私、恥ずかしい…」
葉月が僅かに尻を左右に振った。
やがて受験日がやってきて、上京したものの西も東も分からない田舎者なので、試験場には高校の先輩につれて行ってもらった。
次の休日、私たちは関内の駅前で待ち合わせて、ドライブに出かけました。
わたしは恐る恐る、部屋の中に入る。
案内されて、中に入ると確かにボックス席タイプの店ですが、三方がカーテンで遮られて他の席はほぼ見えません。
勇み足で浅吉が野道を去って行くと、
おずおずと手をのばし、わたしは生娘の細い手指をつかんだ。
上を見ればキリがありませんから、私はこの時点で充分に自分の結婚生活に満足しており、男らしさに欠ける夫には性生活の淡白なところなど不満もあることにはあったのですが、離婚までは一度も考えたことありません。
千葉氏が夫人の口に黒光りした半立ちの肉棒を押入れる。
夫の方が帰りが早かったのです。
「いいのよ。単く。早くう!」
私も、綾乃のときと同じように、歓喜の悲鳴を漏らしたと思います。
「じゃ、バスルームに行きましょうか」
二千円ぐらいでしたら、都合のつかない金額ではありません。
私もその例に漏れず、新たな出会いを求めて様々な趣味の会やカルチャーセンター、シニアの親睦会に顔をだすようになったのです。
そんなことを考えると何だか顔がほころんでしまうこのごろだ。
子供が大きくなると子供同士の繋がりでご近所と付き合うこともなく、唯一、昨年越してきたお隣の木原さんの奥さんとお茶飲みながらお喋りするぐらいしか楽しみもありません。
奥さんの細かく皺のよった肛門に痰混じりの唾液をベットリと垂らし、中指で皺の中心部を押し広げていく。
 客は来もせでまた来ると言う……

コスプレイプ かすみ果穂

サンプル動画