団地妻の憂い 完全保存版

タイトル: 団地妻の憂い 完全保存版
キーワード: 人妻、ベスト・総集編、4時間以上作品、羞恥
女優: 浜崎りお、鮎川なお、夏樹カオル、水城奈緒、波多野結衣、諸星セイラ、辻さき、鷹宮りょう、妃悠愛、友田彩也香
メーカー: アイエナジー
レーベル: IE NERGY!

ネットの口コミ

ですが、ホテルに入っても彼女の怒りは納まらず・・・。
そんなふうに言い争うこともできてきました。
「大家さんもしょうがない人だなあ。息子のような年齢の俺に挿入をねだるなんて…」
まあ、人一倍スケベな老人なんですね、私は。
二人は誰に気付かれることもなく、白昼からホテルで絡み合った。
でも、中身は違います。
「了解しました。一番いい女を送ります。
「そうかぁ、それは良かったな。あそこの大学は、うちからは毎年、一人か二人くらいしか受からないところだからなあ。よく頑張ったな」
加奈子は恥ずかしそうに横を向きました。
こういうことに応じてくれるのはやはり商売女だ。
私は、そうやって見知らぬ男性とホテルでセックスをすることによって、自分が女であることを確認していたのです。
目を見張りました。
奥さんを亡くしてすでに三年。
それはゼミ。
「席を間違えないでね」
それでも男女間の愛の成立は皆無だった。
それからはまさにセックス三昧の日々でした。
俺は女の中を指で掻き混ぜながら、ズボンとパンツを脱ぐ。
「どうした、もっとしっかり咥えんか」
ぜいぜい息を切らして催捉すると、
「うん、そうよ。あなたに協力してもらおうかな」
家に帰ってから、何度も私は床にしゃがみこんでウンチを漏らし続けた自分の痴態を思いだしては恥ずかしさのあまり気が遠くなりかけるのでした。
「うふふ、お元気ねえ」
夫の寝枝のまえでは、私の女の勘も狂いがちでした。
恩着せがましい態度が許せなくて、また叩きました。
「ああっ、ええっ、ええわぁ」
「じゃ、ね」
「タダってわけにはいかないけど、二千円出したら、ヤラせてあげてもいいよ…」
でも、そんな私を吉崎さんは女牲として愛でて下さり、女としての自信のようなものを、目覚めさせて下さったと思うのです。
私は駆け寄る。
安いっぽいベッドシーンで三流女優があげるような嬌声を響かせながら、私ははしたないばかりにアクメに達してしまいました。
そこは大そうな門構えで、唐草模様の門扉がしっかりと俺の行く手を閉ざしている。
それもそうだろう。

団地妻の憂い 完全保存版

サンプル動画