SOD年鑑 2007年第3期(7月~9月)作品集

タイトル: SOD年鑑 2007年第3期(7月~9月)作品集
キーワード: ベスト・総集編、企画、中出し、コスプレ、野外・露出
女優: 範田紗々、春矢つばさ、長澤つぐみ、かすみ果穂、倖田梨紗、天海麗、櫻井ゆうこ
メーカー: SODクリエイト
レーベル: SOFT ON DEMAND

ネットの口コミ

彼女とはすでに接吻まで交わしていて、今度会う時はたぶんアレにまで発展するであろう相手でした。
そして圭子は、もしも私や弟がほかの女と結婚したら、この家にいる場所を失ってしまうわけで、そのときは実家に戻るか別の男のプロポーズを受けるかすることになるのでしょう。
大家さんにすれば見飽きた私の男根より内藤の新鮮な男根のほうが魅力的だったのでしょう。
それで私は、俺もまだまだ大丈夫だという自信になっていたわけで、それがうれしかったのです。
しかし、定子はそれを許そうとしない。
「真佐子にそんなことをさせたくないよ」
先ほどの二人のデート嬢の色っぽい姿を見て、彼我の立場の違いに鬱屈していた私は、ようやく上機嫌になり電話を切った。
ベッドの上に身体を起こし、枕元の時計を手にとって見ると、眠っていた時間は、ほんの僅かな時間だったようでした。
「わたし、先生が結婚していても全然気にしませんことよ。
綾香は驚きながらも頷いてくれた。
私は、そう思うことも快感でした。
「今に分かるわよ」
「あの…、ちょっと…、待ってください…」
その日の夕方、大学の講義を終えた私は麻美の家に向かいました。
眉間に皺を寄せ口元を下げる怯えた表情だ。
私は確かに受験か恋愛かで悩んでいた。
「私、せいぜい頑張って、いい奥さんになるわ!」
と女はいった。
仕方が無いので、二日後に素人妻を指名して、たっぷり泣かしてエロ気分を満たしました。
「どうだお前……伝吉の所さ二度と帰る気がねんなら、今日からわしの女房になれや…」
「そ、そんなことを……」
「や、やめてください……」
私は肉壷に肉棒を嵌めたものの射精をすることはできなかった。
私も西島と一体となり、めったやたらに暴れ回っていました。
「そこ、舐めてみたいと思わない?宴会が終わったら、お部屋で待ってらして。あたし、必ず行くから。ね?」
ほかの朋輩たちのことを尋ねてみると、
鋭い目力で真っ直ぐに私の顔を覗き込んでくる。
その頃私たちは、寄ると触るとそういう話題になっていました。
私は今までになく期待と不安とが渦巻く気持ちを抱きながら、彼の瞳に視線を絡ませました。
それを見て取ったKさんは憤怒の表情でS婦人にいった。
ですから、アルコールでクラっときた時、木原さんの腕で抱えこまれた私は、そのまま布団に連れていかれても、自分の考えがついてきませんでした。
噂には聞いていたが、とうとうその恐怖が現実になってしまった。
それに、布団の中でのサチコは、それまでの感じからは予想もできなかったくらい奔放であった。

SOD年鑑 2007年第3期(7月~9月)作品集

サンプル動画