発射寸前! 我慢汁垂れ流しの気持ちいいフェラチオ 320連射16時間 第2弾

タイトル: 発射寸前! 我慢汁垂れ流しの気持ちいいフェラチオ 320連射16時間 第2弾
キーワード: フェラ、ベスト・総集編、その他フェチ、独占配信
女優: 村西まりな、今村美穂、笠木忍、みひろ、北川ゆり、進藤みく、有沢りさ、藤北彩香、ゆうきさやか、哀川りん
メーカー: ROOKIE
レーベル: ROOKIE

ネットの口コミ

彼女はまだ五十歳ちょっとで、ご主人の経営している設計事務所の役員をされています。
弟を社長にしました。
「これからも抱かせてあげる」
旅館の部屋に入って里子は、「あなた、最初から私の体を狙っていたんでしょう?」と言いました。
「でも?」
タバコを吸わない渡辺さん。
正常位で何度も抽送をしてから、ペニスを挿入したまま女の片方の太腿を抱えて交差位に変化する。
先生の結婚相手の女性は、先生と学生時代から交際のあった同じ齢の同級生ということでしたが、すごくきれいな人で、私なんか比べものにならないほど大人でした。
これも一種の意地悪です。
「それは無理です」
挙げ句の果てに、子供も生めないような女だと知っていたら、嫁になんかもらわなかったよ。
今は手淫のさいも必ずケツメドをいじるようにしています。
以来、結婚はすっぱり諦め、幾人もの男性達と自由気ままな肉体関係を続けてきた私でしたが、五十も半ばになると、さっぱりいけなくなりました。
「私、死んだお父さんが天国でどう思っているかと思うと、悔しくて、情けなくて…」
ボールの一個位、なくてもいいか。
この心細い気持ちにさらされたときは、妙に美登利が恋しかった。
その甲斐あってか、ある日、私はとうとう彼にデートに誘われました。
魚屋にとっで、アラというのはゴミ以外の何ものでもない。
「奥まで咥えてしっかり舐めないと、いつまで経っても行かないぞ」
「治リたいけど」
と訊いた。
と囁いてきました。
競うように声をかける。
このときには、ホテルに入るとき感じていた、自ら不倫を犯すことに対する微かな罪悪感など、微塵も残ってぼいませんでした。
騎手が馬のケツを叩いているような気分でした。
乳は私の目に入り、頬にかかりました。
仕方がない。
舌に舌を絡ませ強く吸うと、彼女がナヨッともたれかかってきたのです。
女癖が悪い上に、自宅に戻れば口喧しく、亭主関白の典型のような夫でしたから、私は身も心も楽になったと心底思ったものです。
私は押入から掛け布団を出そうと踵を返した。
「もうご主人が帰る時間じゃないかな」
「ここ、ここでしょう」
幸恵とのセックスはとどまることなく、淫らな多彩な行為にも及んできた。

発射寸前! 我慢汁垂れ流しの気持ちいいフェラチオ 320連射16時間 第2弾

サンプル動画