かすみレディオ かすみ果穂

タイトル: かすみレディオ かすみ果穂
キーワード: 独占配信、デジモ、騎乗位、単体作品、ハイビジョン
女優: かすみ果穂
メーカー: アイデアポケット
レーベル: ティッシュ

ネットの口コミ

いわば、男としてモテる時期が三度あるというわけで、そのタイミングは人それぞれのようですが、私の場合はまさに今が旬かも知れません。
「園長先生になるの?」
これで気を良くした私はさらに大胆な行動に出ました。
あんなにやけたキザ野郎のどこがいいのか、と私のまわりでもよく噂しているのだが、それは、どうやら半分は、私に対するあてつけのようです。
定子もそれを望みはするが、あるとき、絞めすぎて意識を失ってしまった。
そんな私の思いなど、渡辺さんはお見通しのよう。
女の内股がカクカク震えて、女は頭を垂れて脱力した。
私が初めてだと知って、先生はゆっくりと動いてくれました。
「よく今日まで処女を守っていられたね」
けれど、意を決したように身体を起こすと、スカートを捲り上げてパンティを脱いだ。
私は、そうやって見知らぬ男性とホテルでセックスをすることによって、自分が女であることを確認していたのです。
そこでローションの代わりに年増ホテトル嬢のケツメドをベロペロ舐めて唾液をたっぷり塗り付けて、暗褐色のすぼまりをグイグイえぐっていったのです。
「だめです……、きっと、いけません。だめ……」
私は驚きの声をあげてしまいました。
「ラストボールが行きます!」
と注意する始末。
彼の住まいは磯子にある4階建てアパートのひと部屋で、間取りは1DKでした。
ただ、家賃は破格の安さなので、それだけは助かっている。
年のせいか寝床でNHKの「ラジオ深夜便」を聞くことが多くなりました。
浅吉は面喰らってしまった。
さもしく人の字に押し拡げると、手指で処女の割れ目をいたぶった。
この日もまた六万円を渡されました。
「もし、よろしけれぱ一度お目にかかりたいのですが……」
夫がひときわ奥まで侵入してきた瞬間、私もドっとばかりに弾けていました。
彼女の背中が弓なりにしなり、顎が浮き上がって、その口から呻き声が漏れました。
明け方、外が少し白んできた頃、ちり紙の散乱した部屋で、ようやく起きた桃太郎は、気の抜けたビールで喉を潤し、大きなくしゃみをして旅館に帰っていきました。
どうやら、私はたぐい希な「キンチャク」だったらしい。
そう言って真っ赤になって笑ったのを今でも覚えています。
「ああぁ。何だか……おかしくなってしまいそう…」
そんな私に近づいてきたのが御歳六十五歳のKさんだった。
「昨日はどなたかお客さんでしたの?」
安い今が絶好の買い場です」
とサチコは言って笑う。

かすみレディオ かすみ果穂

サンプル動画