制服美少女50人の放課後白書

タイトル: 制服美少女50人の放課後白書
キーワード: 4時間以上作品、3P・4P、学生服、女子校生、美少女
女優: 吉沢明歩、由愛可奈、神田るみ、成瀬心美、松本メイ、横山美雪、かすみ果穂、佐山愛、雛見まどか、後藤えみ
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

ただ、経営にはほとんどタッチしていないらしく、暇つぶしで陶芸教室に通っているとのこと。
「きみこそ、強いひとだ」
ちょっと調子づいて言い過ぎたかな? と思った瞬間、大家さんが予想もしていなかった行動に出ました。
布団の中で私はもう、その白くむっちりとした太腿ばかりむさぼってゆきまLた。
内部の熱と覆い尽くす蜜の量は十分に整っていた。
湯あたりもあったのでしょう。
部長は私のことをタマキンと呼ぶ。
そして、先生に抱かれて幸せだったと思います。
「は、はいッ」
ただ、妙なことをしていみと感付いたスポーツクラブは私を辞めさせ、行きつけのスナックでも出入り禁止にするところも出てきた。
そして声をかけられると、簡単にホテルへついていきました。
「あ、あふ…気持ちいい。すごくいい……」
「汚れると困るでしょう?」
おもわず腰を引いてしまったほどでした。
まずは、人差し指と中指でチョコレート色した襞をなぞる。
こう私から切り出すと、彼女もまた、行きたいわ」
しかし、それ以外は以前と変わらずやさしく、誕生日でもクリスマスでもないのに、私に高価な指輪やネックレスをプレゼントしてくれることもありました。
仕事が終わり、ちょっといっばいひっかけだくなったので、近所の居酒屋に出かけた。
ただし、残念ですが、肛門に器具を挿入するために、年を取った団塊エロオヤジには、少しハードなプレイとなります。
「エッ?」
しだいに芯が立ってきた。
夫がちゃんと満たしてくれていたなら、貫井氏の愛撫をもっと欲しいなんて思ったりせずに済んだでしょう。
その言葉通り、夫人が浴室から全裸で出て来ると、私の半立ちの肉棒を見て、
(それにしても近頃、帰りがとみに遅いわね、ウチの人…)
湯上がりでホロ酔いのせいか色白の肌がほんのり桜色に染まって、なんともいえない色香を漂わせています。
「かまへんねん。お口で遊ぶだけやよって」

「もうだめ、早くこれを入れて!」
「大丈夫だよ、無理はしないから…」
確かに、純粋に俳句を楽しんでいる人もいる。
ただお隣にタッパーを持っていくだけだというのに、私は化粧台の鏡の前で白髪が目立たないか髪を整え、軽く白粉をはたき、妙に上ずった気分で出ていったのです。
「ダメよ」
と、私の肉根の女芯への挿入を求める叫びが繰り返される。

制服美少女50人の放課後白書

サンプル動画