120%H イチャイチャ同棲日記 かすみ果穂

タイトル: 120%H イチャイチャ同棲日記 かすみ果穂
キーワード: 単体作品、中出し、騎乗位、デジモ、局部アップ
女優: かすみ果穂
メーカー: SODクリエイト
レーベル: SOFT ON DEMAND

ネットの口コミ

すったもんだの大騒ぎが始まったのは次回の教室の時でした。
「あなたのせいだ。熱くてぬるぬるのあなたの穴が、ますますちんちんを硬くするんだ」「だって、わたしのあそこに、ぴったりなんですもの。ああー」
ハァハァ言いながら大家さんがねだります。
「ああだめ、そんなこと……」
私の腕に身体を預ける定子の肉体は、思ったよりもふくよかだった。
蕾を擦りながらも、乳首への愛撫も忘れず。
私も、妻に気付かれないように知らぬ振りをして、すぐに自分の部屋に篭った。
朝のホームルームにちょっとでも先生が遅れると気になって、こっそりと職員室を覗きに行ったことも覚えています。
彼女は、止まらない膝の震えと戦いながら、小さな声でそういったのです。
とはいえ、命の灯火すら今にも消えそうな状態。
そう吐き捨てるように言われたのです。
うまく説明できませんが凌辱する快感と凌辱される快感を両方同時に味わえるのです。
「あの…、ちょっと…、待ってください…」
気がついてみると、私はトイレの個室内に入り込んでいました。
その瞬間、プニョンいう生々しい感触が手に残った。
とお互いがしだいに感じ始め、美登利も腕を私の背中へ回して、しがみついてくる。
「え? 一緒に住んでもいいの?」
顔立ちも整っていて、どちらかというと派手な目鼻立ちだ。
番組は二週間にわたって放送されたのですが、何しろ明け方の番組ですから、最後までしっかり聞くことが出来ませんでした。
「あ、こりゃ、大旦那さん」
「どうやって?」
まさかお金のことで悩んでいるなんて人に知られたくありませんから、私は澄まして白を切ったつもりでしたが、夫よりも大分年上の貫井夫人は馴れ馴れしく私の手をギュッと握ってきてこう言ったのです。
「えっ、なによ~その、オ……なんてえ」
喉元まで達したかというような、圧倒的な力強さでした。
はっきり言ってビビッてました。
乳は私の目に入り、頬にかかりました。
あやすような半多氏の声。
舌に舌を絡ませ強く吸うと、彼女がナヨッともたれかかってきたのです。
ところが、正常位から腹這いにさせられ、私が言われるままのポーズをとろうとした瞬間、手錠のようなもので両手を拘束されてしまったのです。
そんなKさんは流し目をしながら私にいった。
ですが、渡してしまえば何か話しかけてくるというわけでもなく、私も早々に帰るしかありませんでした。
そう冷やかに俺を見下しやがった。
幸恵は何度も唸り声を挙げ、快感の極限をしばしさまよっていた。

120%H イチャイチャ同棲日記 かすみ果穂

サンプル動画