この顔射がスゴイ!

タイトル: この顔射がスゴイ!
キーワード: 巨乳、顔射、ベスト・総集編
女優: みひろ、葵ぶるま、吉沢明歩、かすみ果穂、衣川由衣、三浦亜沙妃、向坂美々、糸矢めい、広田さくら、紺野美奈子
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

「誰が本命なのか」
「俺、圭子と結婚するよ」
「もうちょっと上に指をずらして」
じつは、私のペニスは、触られる前からいくら元気だといっても、六十八のじじいの身として、こんなことはもう十年ぶりくらいのことでした。
私は白目をむく定子を見て、戦慄を覚えた。
おそるおそる尋ねる私。
「おおい、うまく行ったな、タマキン、お前も今夜は御相伴に預かれよ、チャンの分も入れて後三人迫加だ。ほれこの通り、竜宮城の鍵だ」
夏休みも終わりに近づいた頃、私は秋本君に呼ばれて、彼の家に遊びに行くことになりました。
「加奈子さんが初めてだと聞いて、ポクは、すべてを指導してあげようという気になっているくらいだよ。正しい『女の作法』を知らないとこの先困ることになる。だから、加奈子さんは、ただ素直に従うように心がけることです。ボクは、昔から素直でない子が大嫌いなのです」
「いや、いいんだ、無理は分かってる」
夫も私のことを心の中では、役立たずの女だと思っているのだろうと、疑心暗鬼になっていて、そのため、私はいつも塞ぎ込んでいて、暗い表情をしていました。
しかし大の男がケツメドをいじくり回されて女々しくヨガリ声なんか上げれますか?
縫い結んだかのように膣口はぴったりと閉じ、指一本さえも受け入れまいという感じでした。
私はどうしても一線を踏み超えることはできませんでした。
続いて、ボールを目指して走り、ラケットを振るのだ。
美登利は結婚もせずに、役場勤めを定年退職すると農業高校の生徒たちへ、わが家を解放して田畑などを貸与していた。
ただし、どの男性も心から好きになったわけではありません。
ただ、何といっても見習いなので、すぐに気付かれて逃げられたり、不審な表情で睨まれたり、ときには警官を呼ばれたりすることもあった。
この店のホームページを調べて見ると、他にも二十歳前後の若い娘がそれなりにそろっています。
「どうだお前……伝吉の所さ二度と帰る気がねんなら、今日からわしの女房になれや…」
「ほほう、よく我慢できたね」
私の剥き出しの胸の上で動く彼の頭頂はスダレ状態になっている薄禿で、こんな醜い中年親父に体を好きにされることに嫌悪が湧いてしょうがないのですが、やはり手に握っている紙幣を投げつけることが出来ませんでした。
「この間、マエに嵌めながらウシロに指を嵌めたんだ。
尾行する足がワナワナ震え、心臓が早鐘のように打っていました。
憎悪が込み上げてきて、つい言葉も荒くなってました。
体が冷えた桃太郎は旅館で内風呂に入り、帳場に頼んで熱燗をしつらえてもらって部屋に戻ってきました。
パシティの底に藤枝氏の指が食い込んだ瞬間、ジュルルと内腿に熱い粘液が伝っていくのが分かった。
私が後ろから声をかけると、彼女は顔を紅潮させて振り返ったのです。
でも、そんな私を吉崎さんは女牲として愛でて下さり、女としての自信のようなものを、目覚めさせて下さったと思うのです。
離れた場所ではとうとうS婦人をめぐって口論まで起きていた。
翌日、私はまた料理を口実にタッパ一を抱えてお隣に行くと、木原さんのご主人にそれとなく言ってみました。
それが結果的には良かった。
屑屋の使い走りから始まり、あやしげな英語で日本から朝鮮半島に渡って北鮮軍や中共(中国)軍と戦っている米軍将兵あてのオンリー(日本人の妾)の手紙を代筆したこともある。

この顔射がスゴイ!

サンプル動画