私、1週間に二人も知らない人にレイプされました… かすみ果穂

タイトル: 私、1週間に二人も知らない人にレイプされました… かすみ果穂
キーワード: レイプ・強姦、単体作品、DVDトースター、独占配信、花嫁・若妻、ハイビジョン
女優: かすみ果穂
メーカー: アイデアポケット
レーベル: ティッシュ

ネットの口コミ

四十年以上も務めた教職を定年で退官し、「これからは趣味に生きるぞ」と家族に宣言して、釣りだ、社交ダンスだ、パソコン教室だ、と手当たり次第にかじり始めたものの、しかしどれも長続きせず、辿り着いたのは市で主催している陶芸教室でした。
「どうして、そんなに僕を励ましてくれるの?」
などと聞いてくるのです。
仕事なんか、しょうがなくやっていただけです。
吸い付きながら舌で転がし、片方の手をパンティの中に忍ばせる。
「ちょっとコースを変えてもいいですか?」
「はい、それではご一緒させていただきます」
「二人とも初めてなんだから気にしないで」
若くて独身なら、その子と結婚するという解決策があるのでしょうが、既婚者はそうもいきません。
私の顔に跨り、看護婦は陰部をさらした。
私は、次第に精神的に追いつめられるようになっていきました。
人間は自然体が一番です。
「精が出ますね」
「どうして大学にこないんだ?僕は心配でしょうがないんだよ」
「あった。あれだ~」
会社の上司や同僚たちからの結婚話もなくはなかったが、どうしても受け入れることができなかった。
それは江ノ島の土産物店で買った貝殻のペンダントで、決して高い品ではありませんでしたが、早くも彼にのぼせ上がっていた私は大感激でした。
女将もいつもどおり、わたしをもてなしてくれる。
番組は二週間にわたって放送されたのですが、何しろ明け方の番組ですから、最後までしっかり聞くことが出来ませんでした。
手を引いて奥座敷へ……見るとそこには厚ぼったい寝床が敷かれ、枕許にはスタンドが点いていた。
そのしぐさに、わたしも何らかの危惧をおぽえた。
帰りに彼が私に渡してきた封筒の中には二十枚の一万円札が入っていました。
「さあ、キミが先に嵌めて」
自慢ではありませんが、私だって、そうきらいな方ではありませんでした。
彼女たちに言わせれば、女同士だと気を遣わなくていいから思いっきりハメを外せる、ということのようです。
明け方、外が少し白んできた頃、ちり紙の散乱した部屋で、ようやく起きた桃太郎は、気の抜けたビールで喉を潤し、大きなくしゃみをして旅館に帰っていきました。
主人の浮気を確信してから胸の奥でずっと渦巻いていたとぐろが、ファイルをめくっているうちに跡形もなく消えていることに気がついて、自分でも驚いていた。
「もう、お風呂がいい頃よ」
ところが、正常位から腹這いにさせられ、私が言われるままのポーズをとろうとした瞬間、手錠のようなもので両手を拘束されてしまったのです。
十人近い会員の中で女性は四人。
お酒の味がする口で唇を塞がれ、舌を吸われながら逞しい腕で着ているものを剥がされていきました。
「いいわ。あなたが言うとおり買ってあげる」
私の肉根がめりこむと、グジュグジュグジュとかすかながらも卑狼な音をたて、その音につられて私は女の裸身をあらんかぎりの力で掻き抱かずにはいられなかった。

私、1週間に二人も知らない人にレイプされました… かすみ果穂

サンプル動画