白の巨塔3

タイトル: 白の巨塔3
キーワード: 独占配信、デジモ、ベスト・総集編、顔射、ぶっかけ
女優: 大橋未久、希美まゆ、希志あいの、横山美雪、初音みのり、つぼみ、青山菜々、かすみ果穂、nao.、美咲みゆ
メーカー: アイデアポケット
レーベル: アイデアポケットBEST

ネットの口コミ

世話女房よろしく色っぽい声で私の肩を小突く喜美恵さん。
「……」 圭子は、うつむいてしまいました。
「今ならどんなワガママも聞いてくれるはず」という思いと、「さすがにそこまではしてくれないだろう」という思いの両方でした。
こちらから聞くわけでもないのに、亭主に不満で浮気がしたいとか、そんな話を聞かされてしまう。
私はぼってりとした唇に、自分の唇を重ね合わせる。
お湯で温められ、全身がリラックスしているせいかもしれません。
女の手が、私のペニスを優しく揉んでいる。
秋本君と逢わずに勉強に専念したせいでしょうか、私は第一志望の女子大に合格することができました。
「ああ、たまらない。加奈子さん、ここにキスをしてもいいですか」
私は罵声を浴びせかけられるものだと覚悟した。
夫は長男でした。
「自由になさってくださいな。たとえ一夜限りでも今夜のあたしはあなたの妻ですわよ」
足腰の衰えが気になって始めた早朝ランニング。
私はその時、初めて彼女がファザコンであるということがわかりました。
葉月は甘えた声でゆっくりだが、確実に尻を振り始めた。
だから私たちは、通学のさいも人目を避けるよう気をつかったものである。
私はたまらなく興奮して、
仮に私がそういうことをするまで落ちぶれても、見ず知らずの人間から施しは受けたくないだろうし、金が欲しければ、
こちらが、年寄りだったので、店の方が気を利かして聞いてくれたようです。
浅吉は面喰らってしまった。
おぞましい記憶があるのかも知れない。
ですがどうしても、レズプレイに拒絶感があって、私はなかなかイケませんでした。
夫人はじっと動かず、
すると、夫は意地悪く切り返してきました。
「困るわ。あたくし、そういうつもりで伺ったわけじゃ……」
桃太郎が帰った後、私は泥のように深い眠りに落ちました。
「じゃ、これでどうかな?」
通されたの四畳半ぐらいの次の間つきの部屋で、奥の部屋が寝室になっているみたいでした。
腰を突き入れられるごとに、狂おしい気持ちが自分でも恐ろしいほど高まっていくのがわかります。
「舐めるだけで満足するんじゃないんですか」
奥さんと一緒のご主人を見かけることはあっても話をしたことはなかったので、うちの主人とは全然違うスポーツタイプのご主人には少し興味もありました。
ギンギンに締めつけてくる奥さん、指より太いものを挿れられ、最初は痛がっていたが、徐々に慣れてくるとやはりおまxこよりも気持ちいいらしく、一突きごとに髪をふって甲高くよがる。
部屋の人口はいずれもドアではなく木の引き戸になっている。

白の巨塔3

サンプル動画