このハメ撮りがスゴイ!

タイトル: このハメ撮りがスゴイ!
キーワード: ハメ撮り、4時間以上作品
女優: 高杉綾美、若瀬七海、美上セリ、向坂美々、芦名未帆、かすみ果穂、紅月ルナ、吉沢明歩、みひろ、衣川由衣
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

「喜美恵さんと随分仲がおよろしいみたいですのね。あんなお節介な人、あたくし、嫌いです」
彼は彼なりに、私さえいなければ圭子と一緒になれたんだ、と思いこんでいたわけですから。
なんと私を仰向けに寝かせつけると下穿きを脱いで私の顔を跨ぎ、男根を口に含んだのです。
私が笑って近づいてゆくと、女は、すぐ打ち明け話をしてくる。
定子の方も、よほど苦しいのかあからさまな拒絶を示そうとしない。
渡辺さんに、真佐子、と呼ばれて、私はとても嬉しくなりました。
「全部、経理の高木に回しといてくれ」
私のその思いは、もう執念にも近いものになっていたのかもしれません。
豚のように鳴けるはずもありません。
「か、看護帰さん」
結婚して六年も経っているのに、妊振しないというのは、どう考えてもおかしいと言うのです。
強烈な刺激に思わず声が出ました。
「なんだよ、まだ先だってちゃんと潜ってないんだぞ」
明るい声とともに、エプロン姿の麻美が玄関に現れました。
お互いの舌先は、唾液の海で交じり吸い合い、グッチョグッチョと音を響かせた。
うす暗い照明では、美登利の顔が少女の頃と変わってないように見えて、挿入後は一段と硬度を高めていった。
その日のちょうど昼頃、私と照雄がまだベッドでぐっすり寝入っている時に、玄関のチャイムがけたたましく鳴り響きました。
それが証拠に乗り合いバスで若い女の隣に座っても、席を立たれることがなくなりました。
受付のお兄さんから、
藤右衛門がしたり顔で指で玉門を広げ、穴の中へ指を差し込むと、
あえて逆らうことはやめて、流れに従おうと決意した。
戸建の分譲住宅が何戸建つかしらと思うほど広々した敷地に、住み込みのお手伝いさんがいるほどの大邸宅。
この日のパーティはD・カブラシ氏が主宰の『オンリーワイフデー』。
文句なしの快感に、私はただ狂乱するばかりでした。
「黙れ!」
六十七歳になった今、どういうわけでしょうか、あの日の出来事が、まるで昨日あったことのように、鮮やかに思い出されて仕方がないのです。
どの男とでも死んでもいいと思えるほどのエクスタシーを感じることが出来た。
とくに乳房を強く吸うと、オマ×コの締まりがいいので、チ×ポを強く突き入れておいて乳首を強く噛んであげたのです。
私は闇に閉ざされた愛撫に身をまかせ、甘やかな感覚に浸っていきました。
私は旅行から帰ると句会を辞めた。
と普通の口調で話し掛けてきました。
そんなある日、課長からこんなことを言われた。
幸恵の肢体は、風呂あがりの時などいっそう艶かしい。

このハメ撮りがスゴイ!

サンプル動画