美尻にぶち込むスーパーバック 100本番 10時間

タイトル: 美尻にぶち込むスーパーバック 100本番 10時間
キーワード: 4時間以上作品、ベスト・総集編、その他フェチ
女優: 由愛可奈、吉沢明歩、さとう遥希、妃乃ひかり、横山みれい、二宮ナナ、北乃ちか、小沢菜穂、牧瀬みさ、北島玲
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

陶芸教室に通う私は二股三股をかけてプレイボーイぶりをいかんなく発揮していたのです。
この世に自分と圭子の二人だけしかないような、そんなどこかやけくそでそれでいてとてもやるせないような……。
「ん? 珍しく出掛けてるのかな?」
「お風呂に入りましょう」かすれた声で甘えたようにそう言う里子は、まだ怖がっているようでした。
その日のうちに約束を交わし、水曜日の午後、待ち合わせをすることになった。
私はヴァギナ全体で、圧迫感を味わっていました。

(これでいいんだわ……)
「あ~ッ、先生、わたし、嬉しいの、なんだかわからないけれども…」
そういいながら勃起しない私をしゃぶってくれる。
私は化粧をし、大胆な服装で街をさまよい見知らぬ男性から声をかけられるのを待ちました。
だから、さも手慣れた風を装って言ってやったんですわ。
ちゃんと適齢期に結婚したもののたった二年で離婚。
きつい締め付けに私はあっという間に射精に及んだのです。
身を屈めたまま、片手を尻にあてがった。
まさか美登利と暮らすようになるとは夢にも思ったことはなかったので、3LDKのマンションで十分過ぎていた。
「高橋さんのお宅ですね?」
しばらくは研修期間ということで、探偵のノウハウを教えられた。
何を言いたいのかといいますと、お堅いNHKの番組内容についてではありません。
「それはアノー……旦那さんにぶっとい珍宝入れて貰わんと……」
「お爺ちゃんでも、女を抱きたいのネ。でも、できなかったけど……」
私はそこで気持ちを固めて、数日後、ついに貫井氏と愛人契約を果たず為にラブホテルに行ってしまったのでした。
ニヤニヤと笑いつつ私をからかう。
私のどこをどう刺激すれば、狂喜乱舞するか熟知していたのです。
「ひっ!」
湯の中で、綾乃の陰毛が海草のように揺れておりましだ。
それは、掛け値なし、藤枝氏の本音だったらしい。
私は穴の中心を指で探り、ヌプッと肉茎を突き立てたのでした。
温泉旅行に誘われた時に結ばれたのです。
そんなことを考えると何だか顔がほころんでしまうこのごろだ。
グッグッと中を掻き毟るように動かれると、覆い被さる逞しい背中にしがみつき、私は主人にも聞かせたことのない淫らな声を張り上げてしまいました。
そう言って四つん這いになって、俺に肛門をさらけだす始末。
華著な体つきのわりには逞しさを感じさせる肉づきのよさだった。

美尻にぶち込むスーパーバック 100本番 10時間

サンプル動画