かすみ果穂×カンパニー松尾

タイトル: かすみ果穂×カンパニー松尾
キーワード: デジモ、単体作品、巨乳、独占配信、ハイビジョン
女優: かすみ果穂
メーカー: アイデアポケット
レーベル: ティッシュ

ネットの口コミ

四十年以上も務めた教職を定年で退官し、「これからは趣味に生きるぞ」と家族に宣言して、釣りだ、社交ダンスだ、パソコン教室だ、と手当たり次第にかじり始めたものの、しかしどれも長続きせず、辿り着いたのは市で主催している陶芸教室でした。
私は大きく息を吐き、それから圭子の横ににじり寄って、その肩を抱きました。
「すごい。お尻の穴もオマxコもすごくいやらしい。もうグショ濡れですよ」
相性が悪いとそこまで幻滅してしまう生きものなんですね。
私はそれでも彼女の内部を掻き混ぜながら、抽送を繰り返す。
「唇をすぼめてごらん、そして、口の中では舌を這わせて」
「はい」
そして高校二年生になって、クラス替えで先生も替わってしまったので、ますます松山先生との距離が遠くなってしまいました。
「加奈子さんは、西洋の画家では誰が好きですか。ゴッホですか、ドガですか。自分の世界をさちに追求した描き手は誰も魅力的に違いありませんが」
「でも」
相手の男性も、私が知らない女だからこそ普段できないような激しいセックスを求めてきました。
しかしその時、小生はふと妙な好奇心にかられました。
と、私は答えることにしておりました。
「お、おい。麻美くーん」
だが、今日は僅かにこぼれた球だけだ。
「本当にそうなの。一度も結婚してなかったの?」
でも、わざわざ「サービス料つき」の高いコーヒーを飲みにくるのですから、貧乏ではないのでしょう。
これぞまさに典型的なパワハラとセクハラといえるでしょう。
個室での全裸プレイと違って、ボックス席での尺八は、気が散るのか発射までの時間が長くなります。
「イヤーツ、イヤーツ……ぶっとくてイヤーア、裂ける、おらの股が裂けるウ」
まして、手淫や口淫のみで自分は我慢できるのだろうか。
「貫井さんとこは夫婦揃ってあんなに下品に見えるのは、どうせ碌でもないことで金儲けしてるからだろう」
私はからだを反転させ、ゆっくり壷口に顔を近付けた。
私も隠すつもりもなく、
「黙れ!」
「うちら、三日ほどいるんよ」
「早くしてみて……」
彼女とは、その後何回か交わりましたが、お金を払ったのは最初のときだけでした。
温泉旅行に誘われた時に結ばれたのです。
離れた場所ではとうとうS婦人をめぐって口論まで起きていた。
するとご主人は、私が予想してなかったことを言い出しました。
今度は俺が責めにまわった。
というくだりがあるが、それが一般的な娼婦と客の男との関係の常道でもあろう。

かすみ果穂×カンパニー松尾

サンプル動画