SOFT ON DEMAND 2006年下半期&2007年上半期BEST10 専属女優編

タイトル: SOFT ON DEMAND 2006年下半期&2007年上半期BEST10 専属女優編
キーワード: 騎乗位、中出し、デジモ、ベスト・総集編、3P・4P
女優: 範田紗々、長澤つぐみ、かすみ果穂、琴乃、夏目ナナ
メーカー: SODクリエイト
レーベル: SOFT ON DEMAND

ネットの口コミ

教室を終えて駐車場に向かう私を呼び止めたのは、なんと智子さん。
私も素っ裸になって、たわわに熟したそのやわらかいからだの上にかぶさってゆきました。
しかも恥じらう一方で股間を私の顔にダイグイ押しつけ、
里子がやりたくなったときに私の家にやってくるのです。
それを機会に、水曜日ごとに定子とは関係を結んだ。
「いいですね、その調子。でも、少しだけ直すとしたら…」
「あら、どうしたの、そんな顔をして。わたし、どこかおかしいかしら」
先生の結婚相手の女性は、先生と学生時代から交際のあった同じ齢の同級生ということでしたが、すごくきれいな人で、私なんか比べものにならないほど大人でした。
「さあ、シャワーを使ってきなさい。今日のところは、加奈子さんも恥ずかしいでしょうから、別々に体を流すほうがいいでしょう。加奈子さん、時間をいくらかけてもいいから、全身、どこもかしこも、すっかり清めてきなさい」
「看護婦さん、アンタの乳をしゃぶらせてくれ」
私は自分の居場所を失ってしまったような虚脱感に襲われていました。
引きつった声で年増ホテトル嬢が答えました。
言われて、私は彼に手を引かれるまま浴室へ。
その日、ゼミの講義を終えて帰る準備をしていると、一人の女子学生が私のもとに駆け寄ってきました。
俺が止むを得ず腰を引くと、ズッポと蜜道から男根が抜ける。
美登利がいうように、大学進学などやめて恋に生きたら、どんなに楽しかろうとも思ったが、私にはもっと勉強をしたいという望みが強かった。
私は群馬県T市の出身で、実家は果物屋でした。
彼女はわたしの名刺を見て、納得したようだった。
自称二十六歳だという元気で明るい娘でした。
それが寝耳に水の離縁話…娘の糸子は昨日暗くなってから、しょんぼりとして帰されてきたのだった。
「指だけで?」
どんなに気持ち悪い男でも、目を瞑ってしまえばセックスなんて誰も同じ。
夫人がシーシーと歯のすき間から息を吸い腰を小刻みに震わせつつ、
ですから、こんなの、私のアソコに入るのかしら? や、破けてしまうかもっ)
「そんなんじゃだめ。思い切りぶって」
呆然と湯に浸かる私に笑いかけながら、綾乃は何事もなかったかのように体を洗い、もう一度、宿に遊びに来るように私を誘ってから、そのぽってりした白い尻をふりながら、露天風呂から出ていったのです。
勝手気まま。
私は無我夢中で、シュミーズの前を暴き乳房を露出させたのです。
あらゆる感触が、濃厚に感じてしまうような……。
「えっ? いえ」
何も割ってないお酒が、食道を熱く灼きながら胃に流れていくと、たちまち体の奥がカーッと火照りだしました。
俺は奥さんに四つん這いを命じられて、肛門をさらす羽目になってしまった。
セックスに対しては幸恵もすぐ淫奔な牝と化して反応してくる。

SOFT ON DEMAND 2006年下半期&2007年上半期BEST10 専属女優編

サンプル動画