お漏らしが止まらない!気持ちよすぎる失禁・羞恥お漏らし200人16時間

タイトル: お漏らしが止まらない!気持ちよすぎる失禁・羞恥お漏らし200人16時間
キーワード: 独占配信、放尿、ベスト・総集編、羞恥
女優: 麻美ゆま、愛原さえ、青木玲、泉麻那、愛実、春風えみ、鮎川あゆみ、仲村知夏、雪乃しずく、堀口奈津美
メーカー: ROOKIE
レーベル: ROOKIE

ネットの口コミ

陶芸教室に通う私は二股三股をかけてプレイボーイぶりをいかんなく発揮していたのです。
東京での仕事の成果は、そこそこあったようでした。
口を半開きにして眉間に縦ジワを寄せ、切なそうな顔を見せました。
そして里子もまた、そういう女だったのです。
私の粗末なものを受け入れながら、瞬くようにいった。
渡辺さんは満面の笑顔で答えてくれました。
私は妻を呆然と見送るしかなかった。
と言うと、次第に先生の腰の動きが速くなっていきます。
「は、はいッ」
看護婦は私をいつも心配そうに見つめてくれた。
そうなると、夫婦仲もうまくいくはずもありません。
気持ち良ければ気持ちいいと正直に言えばいい。
求められても、きっと今度もまた、私は拒んでしまうに違いない。
顔を陰部に肉迫させた私は、ワレメに舌を這わせたのです。
女尻は、ミニスカートタイプのテニスウエアに収まり、アンダースコートの布地に包まれている。
私の一つ下だから、六十四歳に達しているはずである。
仕事に関する秘密主義を除けば、照雄は私にとって申し分のない恋人でした。
「ちょっと、これどうしてくれるんですか? 泥がハネたじゃないですか!」
布団の中でうつらうつらしながら昔の歌謡曲などを聞いて、若かりし頃の懐旧にふけっています。
たかが貪しい家の娘、どうせろくなオ×コじゃあるまいと勝手に思い、まあ気晴らしに一寸えぐっただけで淫氷がトロトロ湧いてくる。
もう、堪らなくなり、猛った肉棒を突っこみたくなる。
ですが夫人は、何も知らない私の夫を持ち出して脅しをかけてきたのです。
「やっと顧いが叶った」
桃源郷の悦袈でした。
「好きなんです。バスの中でも、ずっと、あなたのことが気になってたんですよ」
そんなことを早口で言い合い、わざと胸の手ぬぐいを湯に流して、豊満な乳房を見せては、こちらの目のやり場を奪うような遊びをしたのです。
すうっと藤枝氏の指が腰の方へ降りていくにつれて、体中がざわざわと騒ぎ始める。
もうとっくにブラジャーをつける年齢なのに、彼女はつけていませんでした。
彼の手が優しく内股を撫で上げ、下半身にかけて指を這わせてきました。
私は微かな憐憫を覚え、そして多少の酔いも手伝いこういってしまった。
「一人で飯食っても味気がないんで、少しあがっていきませんか」
「ああっ、まだダメじゃない!」
かくして二回目の射精を堪能して私は生まれて初めての赤線を後にしたのである。

お漏らしが止まらない!気持ちよすぎる失禁・羞恥お漏らし200人16時間

サンプル動画