調教完了。 中出し陵辱病棟[牝奴隷ナース誕生編]

タイトル: 調教完了。 中出し陵辱病棟[牝奴隷ナース誕生編]
キーワード: 調教・奴隷、中出し、デジモ、看護婦・ナース、凌辱
女優: 紅音ほたる、一ノ瀬カレン、乃亜、かすみ果穂、長澤つぐみ、夏目ナナ、星ありす
メーカー: SODクリエイト
レーベル: SOFT ON DEMAND

ネットの口コミ

五十八歳の未亡人ですが、ほっそりして品のいい顔立ちのせいかまだ四十代半ばにしか見えない美人です。
私は、よくわかりません。
突き刺した指を動かすとクチュクチュと音が立ち上り、恥液かトロトロあふれてきました。
「こんなすてきな太腿は、世界中探しても見つからない」と私がいえば、里子も身をよじりながら、「ああ、いっぱい舐めて」と答えました。
「え?」
残念なことに、更年期以降、私の体はすっかり乾ききっていますから、それはお湯であることは間違いありません。
しかし妻は何時も、私が帰るまで寝ないで待っているのだ。
「松山先生は、あの人を愛しているんだ……そして今ごろは……」
彼女は、身を乗り出す格好に敬り、私の耳を塞ぐようにして両手で私の顔の脇を押さえます。
躊躇していても札束を見せると目の色を変える。
普通のセックスでは飽きたらず、バイヴなどの道具を自分で用意していったり、時にはSMっぽいプレイも体験しました。
ってね。
傍らのプラスチックボトルから透明な液体を掌にたっぷり絞り出すと、私の下腹部におもむろに塗り込み始めたのです。
きつい締め付けに私はあっという間に射精に及んだのです。
「球を打つ時は、二の腕はこうして、腰はこの辺りを廻して、足の向きはこの辺だね」
長過ぎた春を埋めるには、せいぜい彼女に贅沢させることで、その穴埋めをしたいと思っていた。
でも、わざと焦らすように、肝心のところにはなかなか触れてくれませんでした。
驚いて身体を起こすと、それは人間、しかも裸の女の姿だった。
オナニー愛好家の隠れたヒット商品のようです。
「お前と一つ相談を打つベよ」
「うん、そうよ。あなたに協力してもらおうかな」
シートから腰を浮かせて全身を痙攣させてしまった私は、貫井氏の顔をまともに見ることが出来ず、急いで着衣を整えてから車から飛び出しました。
それでも雑談をしている言葉から、それなりの家庭の夫人であることが推測でき、妙なファイトが沸くパーティだ。
(よくぞ、還暦のこの年まで夫婦仲がもったものだわ:…)
「もう終わり? 案外意気地なしなのね。あなた、男でしょ? それともオカマ?」
いい仕事仲間や先輩にも恵まれ、それは楽しい日々でした。
律子さんは私と同じフロアの角部屋に住んでいる奥さん。
彼女の前に差し出したのです。
最初の頃は、ひたすら優しく私の肉体の状態を見ながら……といったセックスでした。
まさか女房にはバレはしまいがこれからに影響する。
ご主人も既に始めていたらしく、グラスには飲みかけのお酒と、灰皿には何本もの吸殻がありました。
「近々我社はオンライン取引に特化することになった。そこでPCを使いこなせない営業部員には、悪いが辞めてもらう」
私は答えて、無難なドリンクをと、はやりもの(当時)のウイスキーのハイボールを注文し、女にもカクテルをおごって乾盃の儀におよんだ。

調教完了。 中出し陵辱病棟[牝奴隷ナース誕生編]

サンプル動画