かすみ果穂の濃厚な接吻とSEX

タイトル: かすみ果穂の濃厚な接吻とSEX
キーワード: デジモ、指マン、顔射、3P・4P、単体作品、ハイビジョン、独占配信
女優: かすみ果穂
メーカー: アイデアポケット
レーベル: ティッシュ

ネットの口コミ

彼女はまだ五十歳ちょっとで、ご主人の経営している設計事務所の役員をされています。
それから近所の中学校に行って野球をしたり、ふらりと旅行に出てみたりとか、まあ退屈することはありませんでした。
品のいい美貌をほころばせて大家さんが食卓に並んだ惣菜を勧めてくれました。
「すごいわ」と里子が言いました。
絞め枝のある格闘技でいう、「落ちる」という状態だ。
そして、終わってみると、自己ベストを大きく更新するスコアだったのです。
後ろから首筋に唇を這わせて舐めながら、片手を女の陰部に差し入れる。
弘美のその話を聞いて、私はちょっとがっかりしましたが、先生か悪いんじゃない…先生に抱かれた女の子たちは、みんなあの時の私と同じように本当に先生のことが好きでたまらなかったはず。
前世にどのような悪業を積んだのかはわかりませんが、大学教授などいう職業は、本当に因果な商売です。
私は彼女に愛液を飲ませてくれと頼んだ。
しかし、夫婦間の問題なので、夫にも検査を受けて貰うことを条件にして、お姑さんから夫に説得してもらって、夫婦で検査を受けることにしたのです。
すると今度は年増ホテトル嬢がローションでヌルスルになったケツメドにニュルリと指を入れてきたではありませんか。
彼の力強い抜き差しで私は腸が裏返るほどの悦ぴに満たされました。
おもいきりこね回してやると、麻美は体をくねらせながら反応します。
「でも、こんな場所で変な事はいけないと思います」
「さよなら」
充分に濡れていたはずなのに、彼のチンチンがでかいせいか、インサートの瞬間、私は軽い痛みを覚えました。
そんな艶ぽい姿を見て、わたしは心穏やかでなくなる。
エロ度が低くても、二十歳くらいの若い娘と遊ぶのも、エロジジイの若返りにはいいのでは、と思うこの頃であります。
「何うした伺うした、珍宝を嵌めてやったのに小便は未だ出んのか?」
しかし、拒んでくる。
どんなに気持ち悪い男でも、目を瞑ってしまえばセックスなんて誰も同じ。
「全員がかい?」
昨年、私も夫もともに還暦を迎えることができました。
「痛いわよ。でも、だからいいのよ」
私は悶え、身をよじらせて年増芸者の熟練した舌技に震えました。
「いいですねえ、そそられますねえ」
私は手早く体を流し、彼女の横に滑り込んだのです。
四つん遣いで喘ぐ私の口に、今度は吉崎さんのものが無理矢理ねじこまれました。
その声に周囲が静まり返る。
お酒の味がする口で唇を塞がれ、舌を吸われながら逞しい腕で着ているものを剥がされていきました。
やがて現れた三十半ばのお手伝いさんに俺は居間に通された。
よもや数年後に終焉を迎えようとは、誰しも想像できなかったにちがいあるまい。

かすみ果穂の濃厚な接吻とSEX

サンプル動画