厳選美尻モデルカタログ

タイトル: 厳選美尻モデルカタログ
キーワード: 3P・4P、顔面騎乗、指マン、尻フェチ、パンスト
女優: 妃乃ひかり、矢野沙紀、かすみ果穂、藤井レイナ、椎名ひかる、小沢アリス、ましろ杏、長澤あずさ、森ななこ、大塚咲
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

綾子さんから問い詰められても私は知らばっくれました。
「いいえ、一生馴れることなんかないと思うわ」
「すごい! お尻の穴もオマxチョも丸見えだよ。すっごくいやらしいよ」
世の中には、そういう男をそばに置いておきたい女がいるということです。
いわれるままに首を絞める。
「うう、うううん、はあ、あああ、あっ、あっ、あああーっ!」
「はいはい、その点は抜かりなく準備させていただいております」
先生の手は全裸になった私のお尻の膨らみを揉み、さらにその手を前にまわしてきて太ももに触れ、恥毛を撫でまわすと、いつも自分の指で触っていた敏感なところに本物の先生の指が触れてきました。
私は胸がはち切れそうになりました。
しかし、どことなく小便くさい。
自分が女であることの実感が欲しかったのです。
指名するのは熟女のホテトル嬢。
何度も何度も誘われて、断り切れないところまで引っ張ったのは、彼がセックスを期待しているのだと分かっていたからです。
麻美はそう言いながら泣き始めてしまいました。
葉月が哀願するように声を上げた。
二人共働いていないので朝から晩まで年じゅうベッタリとしていて、相手の欠点も見え始めた。
彼はいつもひとりでやってきて、新聞を読みながらゆっくりコーヒーを飲んだり、食事をしたり、時にはビールを注文することもありました。
勤めている間は何かと忙しく、旅行に割く時間がない。
年明け早々に出かけた行きつけのサロンで、指名をして遊んだなじみの娘は、やっとエロオヤジの指に反応を見せてくれるようになってきたのですが、いつまで経っても反応がイマイチでどうも食い足りない。
早くも肉村きのいい腰を振り、
「追い返したわ、一人はネ」
「こんなはした金ではなくもっとまとまった援助をしてあげてもいいんだよ……」
本来のスワッピングとは異なり、やって来る夫人たち全てが単独で夫は顔を出さない。
ここまで決定的な証拠を突きつけられては、さしもの私もショックで茫然自失するよりなかったのです。
珍客の来訪にすっかり気を良くして、部屋に招き入れました。
明け方、外が少し白んできた頃、ちり紙の散乱した部屋で、ようやく起きた桃太郎は、気の抜けたビールで喉を潤し、大きなくしゃみをして旅館に帰っていきました。
警戒しながら歩いていたら、気がついた。
後ろから抱き寄せ、うなじのあたりに唇を付けたのです。
夫が生きているときから、夫の愛人に対する意地もあって、女としての身だしなみには充分気をつけてきたつもりではありましたが、やはり、六十二歳の肌身をさらすのは恥ずかしく抱かれるということは、私にとってとても勇気がいると申しましょうか……躊躇したのは確かです。
気の迷いと言われればそうかもしれない。
主人が私に鞄を渡して靴をモタモタ脱いでいるので外を覗くことは出来なかったのですが、外廊下でカツカツとヒールの音が遠ざかっていくのがはっきりと聞こえました。
奥さんが気持よさそうに喘ぐ。
と言い張ったが、実際に調べに乗り出してみれば、夫たる私の背信は明らかそのものだった。

厳選美尻モデルカタログ

サンプル動画