THE レイプ 犠牲者13名

タイトル: THE レイプ 犠牲者13名
キーワード: 3P・4P、レイプ・強姦、顔射、拘束、凌辱
女優: 吉沢明歩、矢野沙紀、月野りさ、大塚咲、椎名ひかる、大沢美加、小沢アリス、立花さや、木下柚花、つぼみ
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

黙々と釉薬を塗りながら、そんな二人のやりとりにじっと聞き耳を立てているのは綾子さんです。
当時及川道子という女優がいましたが、まああんなようなタイプの美人で、理知的で涼しい目がどこかはかなげでもある気配を漂わせていました。
大家さんにすれば息子さんを見ているような気分だったのかも知れません。
どうでもいいようだけど、女にとっては、どうでもよくないのですね。
胸は大きく盛り上がり、今にもブラジャーから零れ落ちそうだ。
「柔らかいね。母性の塊、僕は大好きなんだ」
姻を売る娼婦の声だった。
先生が結婚してからも、まだ先生への思いが私の胸の奥にくすぶり続けていたのです。
私は自分に都合のいいことはすべて女の作法ということにしています。
「じゃ、じゃあ、お水を」
私は、そう思うことも快感でした。
しかし大の男がケツメドをいじくり回されて女々しくヨガリ声なんか上げれますか?
激しい痛みがもうすぐ。
溢れてきた愛液が舌に溜まってくるのがわかりました。
アンダースコートに包まれた豊尻が間近に現れた。
彼女は歌はあまり上手なほうではなかったが、それがかえっで私の心に染みるのだった。
「ああ、照雄さん、好きよ!」
昔はホステスというと、それなりに若い女というイメージがありましたが、最近の若い女はみんなキャバクラで勤務するのか、直美はその時、三十八歳でした。
年のせいか寝床でNHKの「ラジオ深夜便」を聞くことが多くなりました。
と糸子が赤くなって俯き、口寵っていると、
どう酒落こんでも洋風のものは似あわない。
どんなに気持ち悪い男でも、目を瞑ってしまえばセックスなんて誰も同じ。
ニヤニヤと笑いつつ私をからかう。
昨年、私も夫もともに還暦を迎えることができました。
なにしろ下心丸出しで、露骨に誘惑してくる。
「堪忍してえな」
私の体をしっかりと抱き留めて、私のヴァギナに指を差し入れている福山雅治が今ここにいる。
その頃私たちは、寄ると触るとそういう話題になっていました。
吉崎さんが、私のお尻の穴に、ぬるぬるとしたオイルのようなものを塗り付けて、もみほぐしているのです。
半年前に定年を迎えた。
我が家と同じ間取りの狭い居間は、うちの野暮亭主が飲まないような洋酒のボトルが飾られています。
奥さんは自分からゆさゆさ卑狼に腰をふって、俺の指を締めつけてくる。
私が内太腿の奥深くに差し入れた手の指の先でオマ×コの割れ目を探ると、幸恵は淫情を燃えたぎらせて生温かいぬらめきに溢れた淫液を垂れ流している。

THE レイプ 犠牲者13名

サンプル動画