ど素人参加型・真夏のファン感謝祭 かすみ果穂祭りinちょっとHな大宴会SPECIAL

タイトル: ど素人参加型・真夏のファン感謝祭 かすみ果穂祭りinちょっとHな大宴会SPECIAL
キーワード: デジモ、レズ、和服・浴衣、企画、単体作品
女優: かすみ果穂
メーカー: SODクリエイト
レーベル: colors(ソフトオンデマンド)

ネットの口コミ

世話焼きの喜美恵さん、そして今度は智子さんの登場と、私のモテモテぶりは止まるところを知らない感じでした。
青白く見開かれた目が、潤んでいました。
ムシ暑い日だったし、まだ入浴前だった大家さんのそこには排泄の汚臭も交じっていたのかも知れません。
にやけたキザ野郎だけど、その辺だけは、妙に律儀なんですね。
最初、私を誘ってきたのは定子の方だった。
「はうっ」
私の目の前で女の大きなおっぱいが揺れでいる。
先生は体育の教師でしたので、私たち女子は直接、先生の授業を受けたことがありませんでしたが、唯一、先生と会話ができるのは、朝と帰りのホームルームの時間だけでした。
「すいません、先生、わたし、無理をいってしまったみたいで…でも、どうしても、先生にしていただきたくて……」
「ど、どうぞ」
ところが皮肉なもので、夜の街をさまよい見知らぬ男性とセックスをしているうちに、私は本当の悦びを味わってしまったのです。
ローションをまぶした指でケツメドを這い回されるとジーンと痺れるような快感が玉袋の付け根辺りに湧き起こって、愚息がムクムクと頭をもたげてきたんです。
「あの…、ちょっと…、待ってください…」
とある有名私立大学で経済学を教えている私ですが、講義をまともに聴いている学生が、はたして何人いるでしょうか。
アンダースコートを一気に引き下ろすと、ホワイトパール色のTパックのパンティが現れた。
「さよなら」
(ひょっとして後ろ暗いことでもやっているのかしら?)
ところが、ゴミ置き場に近づくと、何者かが蹲っているような気配がした。

真事この世は棄てる神あれば袷う神あり…あんなすごい名器を持つ嫁を追い出した伝吉に較べ、それを拾った藤右衛門のそれからは至って仕合わせな毎日だったということである。
ママさんも、放ったらかしで好き勝手にさせていた。
でも彼は意地屈い解釈をしてぎたのです。
その中に一人の女性が仰向けになり、大股を開き何人もの男に貪られ.矯声を上げている姿を目撃。
いちおうは、筋が通っている答えでしたが、私はどこか釈然としないものを感じていたのです。
私の言葉に安堵したのか、彼女は肉根を握り締めて前後にしごきました。
布団に入るのにそれほど時間はかかりませんでした。
「見られちゃったのね。分かっちゃったと思うけど、あれ、主人じゃないの。浮気相手。絶対内緒よ。石井さんなら分かってくれると思うから白状するけど……」
高校時代の話です。
「ああぁ。何だか……おかしくなってしまいそう…」
そんなとき、市の広報に公民館活動の案内があって俳句会の募集案内が載っていた。
安いっぽいベッドシーンで三流女優があげるような嬌声を響かせながら、私ははしたないばかりにアクメに達してしまいました。
そしてワレメからは粘っこい液がだらしなく滴り、
というくだりがあるが、それが一般的な娼婦と客の男との関係の常道でもあろう。

ど素人参加型・真夏のファン感謝祭 かすみ果穂祭りinちょっとHな大宴会SPECIAL

サンプル動画