未亡人 アナタごめんなさい… かすみ果穂

タイトル: 未亡人 アナタごめんなさい… かすみ果穂
キーワード: ハイビジョン、DVDトースター、騎乗位、調教・奴隷、デジモ、ドラマ、未亡人、独占配信、単体作品
女優: かすみ果穂
メーカー: アイデアポケット
レーベル: ティッシュ

ネットの口コミ

そして明らさまに挑戦的な視線を注いできたのは波恵さん。
次の年の春、私は、仙台の広瀕川のほとりを歩いていました。
大家さんが無邪気に喜んで、ご飯をどんどんよそってくれました。
むずかしい人生論も道徳論も、私にはありません。
「今月はラッキーだな。ノルマは早々とクリアできたし、その上…」
どこをどう使うと男性が感じるのか、私は少しも理解してかなかったのです。
もう部屋を押さえてあるのだ。
「いいよね…」
「そんなこと…ああッ、いっぱい見てください。加奈子のすべてを先生に見てほしいの」
「はい」
より強い刺激を求めていたのです。
はっきり言って気持ち良かったです。
「リラックスして、全部僕に任せてくださいね」
そうは言うものの、ブパッ、ブバヅという放屁の音とともに、便器を叩きつけるような液状便が出ているのです。
葉月は観念したように、人差し指と中指で襞を押し広げた。
それまでは妹のように思っていた美登利にたいして、初めて恋らしき気持ちをもったのは、莱の花畑の一本道をさっそうと自転車で二人して駆け抜けた春のうららかな下校時のことである。
(彼に捨てられてしまったら?)
だから、友人検索をすれば、昔の知り合いを簡単に探すことが出来る。
案内されて、中に入ると確かにボックス席タイプの店ですが、三方がカーテンで遮られて他の席はほぼ見えません。
くぐり戸を通って内玄関へ行くと
何も知らされていないのだ。
ドンャ降りの中、自宅まで送ってくれるというので、つい私は乗り込んでしまいました。
夫人が呻き声を上げつつ下半身を突き上げる。
粘膜をグリグリ掻き回されただけでも失神ものだったというのに、こんどはチュバっとばかりに西島が濡れしぶく肉穴に吸いついてきたのです。
「ひひひ。ほら、これがあんたのケツの穴にめりこんだ指だぜ。ニオイを嗅いでみろよ」
それがよかっだようで、桃太郎はさらに悶え、尻を私の股間にこすりつけてきましだ。
玄関に揃えておいた新品のスニーカーをよそに、下駄箱の奥から引っ張り出したぼろぼろになったお気に入りのナイキに足を突っ込む新一に、抑えていた溜め息もいっきに噴き出してしまう。
「力一杯吸ってあげると、
その刹那、熱いものがずぶずぶと穿たれ、私は絶叫したいのを必死になって唇を噛みしめ堪えました。
うんざりした様子でKさんはいう。
こんな抱かれ方をすれば、私もうちの枯れた宿六なんてどうでもいいという気持ちにすらなります。
「ええ、もちろんいいわよ。ただし、もし損したら、あなたに損失補填してもらうから……」
それからというもの、赤線の娼婦に対してあたかも永井荷風などの花柳小説に登場するような女性を想像し、それが果てしのない妄想を描くまでにふくらんでいった。

未亡人 アナタごめんなさい… かすみ果穂

サンプル動画