2012年Fitch厳選女優 ド迫力の大絶頂BEST!

タイトル: 2012年Fitch厳選女優 ド迫力の大絶頂BEST!
キーワード: ベスト・総集編、巨乳、尻フェチ、職業色々、水着、デジモ、独占配信
女優: さとう遥希、仁科百華、橘なお、葉月奈穂、柚木彩華、持田美琴、柴咲ゆうり、本真ゆり、高下えりか、轟ここ
メーカー: Fitch
レーベル: Fitch

ネットの口コミ

ですが、ホテルに入っても彼女の怒りは納まらず・・・。
「あなたのせいだ」
だからあの一年間は遊ぶカネにも不自由せず、いつの間にか新聞配達のアルバイトも辞めてしまっていました。
里子は、そんなことを言いながらも、逃げることはしなかった。
その声は、私が中を掻き混ぜるごとに、より甘く甲高くなってくる。
しかも、当の渡辺さんは、とうとう一度も放出しなかったのです。
射精の衝動が来た。
そして一年問、大好きな先生に会えることだけを楽しみに学校に通っていました。
「家柄だなんて、大げさにいわれると困るよ」
私は夢中になって啜る。
私は化粧をし、大胆な服装で街をさまよい見知らぬ男性から声をかけられるのを待ちました。
まさに男児一生の不覚。
「リラックスして、全部僕に任せてくださいね」
心配になった私は学生簿を調べて彼女の自宅に電話したのです。
まるで、子鹿を狙う肉食獣のような気分だ。
娘時代の美登利は、村一番の美人で、誰の目にも眩いばかりの美しさであった。
そこは古い木造で広さも四畳半、小さな流し台とガス台がついているだけで、トイレは共同だし、風呂は銭湯に行くしかありませんでした。
もしかしたら、女に対してずいぶん失礼な態度なのかもしれないが、私は何事もなかったかのようにその場を後にした。
十五分ほどして、ホステスが現れました。
「やだ、おら……やンだ!」
酔うほどに、ママさんが露骨なことをいう。
ですがまた掌に何枚か畳まれた紙幣を握らされてしまった私は、彼がスラックスの前を開けて赤黒い肉竿をムックリと出してくると、促されるまま口の中に吸い込みました。
フランクフルト特産のこのワインはリンゴジュースに似た色合いで、油断をすると飲み過ぎてしまう。
私のどこをどう刺激すれば、狂喜乱舞するか熟知していたのです。
そして、その痛みに父親の愛惰を感じて快感さえ覚えたらしい。
「黒いやろ」
律子さんへの答えも私の本音。
背中から抱いてあげると、チ×ポがぽってりしたお尻に当たっています。
「どうだい? いつもと全然違うんじやないのかい?」
「舐めるだけで満足するんじゃないんですか」
私は、彼の浮気の口封じの為に抱かれたのだと気づきました。
建物は古びてはいるが玄関に車寄せがあって、成金の持家とは違った雰囲気を醸している。
ふしぎと、それは確信に近いものだった。

2012年Fitch厳選女優 ド迫力の大絶頂BEST!

サンプル動画