美少女達の絶対領域 2

タイトル: 美少女達の絶対領域 2
キーワード: その他フェチ、美少女、脚フェチ
女優: 星川なつ、石田さち、秋月めい、柏木エリカ、さとう遥希、小泉里沙
メーカー: ケー・トライブ
レーベル: K-Tribe

ネットの口コミ

黙々と釉薬を塗りながら、そんな二人のやりとりにじっと聞き耳を立てているのは綾子さんです。
弟は、仕事の能力はあったのですが、あまり人望がなかったわけです。
が、「ここでイッてしまったら馬鹿にされる」と思ってとっさに難解な数式を頭に浮かべて必死に男根をなだめました。
ねばねばの、それでいてあまりきつい匂いのしないおつゆでした。
セーターを抜き、スカートを下ろし、ストッキングを剥がす。
「スイング自体は悪くないですよ。
体の中を突くたぴに、密着した部分から湿った卑狼な音がし始めた。
先生は気が付いてくれていたのかどうか分かりませんが、私は、どうにかして先生の気を引こうと、スカートの丈を短くしたり、髪を染めたりして自分をアピールしていました。
(もう、附えられない…はやく、肉棒をこの中に突き刺したい…)
看護帰は身を仰け反らしてよがり始めた。
また、大きく股を拡げて、秘唇を自分の指で開いて舐めてとせがんだりもしました。
「ひっ!痛い!」
真っ直ぐに目を覗き込まれて、私は思わず本当のことを口走っていました。
猛烈な悪臭が漂ってきました。
俺が歯を見せて笑うと、真顔だった彼女も笑顔を見せた。
しかし、あれだけの美貌だから、婿養子の希望者も少なくはなかろうと想像した。
淋しくて退屈でした。
最初は先輩探偵に連れられて街に出、基本を叩き込まれた。
いつもどおり、オッパイに吸い付き、秘裂をさぐりながら、反応を見るのですが、個室と違ってよがり声がいまいちで最後まで行かすのは無理だと諦めて、ズボンだけを下げて、チ×ポを咥えてもらいました。
「何イ、伝吉にオ×コいじくられると出るのか……フンフン……ンだばこうか?」
「あら、いいのに」
夫からは触られたこともないお尻の穴を貫井氏は自分の唾でぬめらせ、さらに指で拡げてきました。
見ていると、その襞がモゾモゾ蠢き淫汁をあふれさせている。
ですから、私のご機嫌を取ることなど朝飯まえだったにちがいありません。
作戦も変えました。
「ええわ、ごっつうええんよ。あにさんのチ×ボたまらんっ」
これから出会うその人は、我が家の男達とはまるで正反対、きっと思いやりのある素敵な男性だわ。
彼女が、つんのめってよろめいたところを抱きしめ、唇を重ねたのです。
そんな交流の中で、何人かボーイフレンドめいた方もできました。
年上なので丁寧にお断りするのだが、一番年若い四十代のTさんなんかはその攻撃に負け、いつの間にか通ってこなくなったほどだ。
放心状態になった私から木原さんは離れると、
俺はなるほどと思った。
私は口の中へ乳首を含んで、舌で転がしまくった。

美少女達の絶対領域 2

サンプル動画