完全主観 罵倒地獄 Vol.3 ~言葉の暴力で徹底的に罵られた僕~

タイトル: 完全主観 罵倒地獄 Vol.3 ~言葉の暴力で徹底的に罵られた僕~
キーワード: 職業色々、主観、残虐表現、淫語、その他フェチ、ハイビジョン
女優: 香坂澪、桐島かおり、春音みこ、加納綾子、木村つな、佐藤ねね、堀北とも、ももは、安奈まり、牧瀬ひかり
メーカー: フリーダム
レーベル: フリーダム

ネットの口コミ

「分かった分かった」
圭子のからだからさらに汗が吹き出して、合わさった胸や腹は、ぬるぬるしていました。
ホームシックに押し潰されそうになっていた時だけに大家さんのほのぼのとした優しさが痛いほど胸に染みてきたのです。
それで私は、俺もまだまだ大丈夫だという自信になっていたわけで、それがうれしかったのです。
「分かりました」
籍など関係ありません。
私も先ほどまで高原列車の宴会芸をやらされていたのだ。
私はすぐに、それが秋本君の精液だと気付きました。
私が、大田区の高級住宅街で生まれ育ったから、勝手にそんなイメージを抱いていたのでしょうか。
肌艶もいいし、風邪ひとつ引くことはない。
そうなると、夫婦仲もうまくいくはずもありません。
嘘ではなさそうでした。
アルコールにセックスは付き物。
「う、うう……」
表情は、すまなそうに謝っているようだ。
美登利もよく眠れたという。
そうこうするうち、若くてハンサムな男性客が、ちょくちょくティールームに現れるようになりました。
ある日たまらず私は妙子に電話で懇願した。
そこで、エロ度の濃い娘をゲットしたくて、そろそろ新規開拓の店でもとインクーネットで探していると、自分好みのサロンが一軒見つかりました。
「アーアーアー、大、大旦那さん……快い快い快い、,アーッ」
わたしは、いつのまにか股間で「りゅう」と煽りをたて、そり返った肉棒を気づかれぬように、早々に口約束をして店をでた。
そう叫びながらも、お尻の奥からズンズンと内臓を震わせながら甘美な痺れが胎内に拡がり、普通の交わりよりも強烈な電撃が背骨をビビビッと走り抜けました。
目ざとく見つけた一人が、
背徳感と復讐の情熱…。
ですが、そのお陰で、こっちはいい迷惑です。
「こんな若い男の子がいるやなんて」
律子さんの親身な笑顔に、そんなものかと納得する。
「あっ」
「何?……何なの? 吉崎さん?」
S婦人は確かに美しい人だった。
けれど、その後ご主人は私を避け続け、そのうち奥さんが退院してきてしまいました。
俺は男の武器を使って大金持の女の顧客をゲットし、俺を侮辱した上司を見返してやろうと思ったのだ。
幸恵もよほどたまらなくなったのであろう、いっそう鼻声を荒立て、

完全主観 罵倒地獄 Vol.3 ~言葉の暴力で徹底的に罵られた僕~

サンプル動画