禁断介護 さとう遥希

タイトル: 禁断介護 さとう遥希
キーワード: 美乳、ドラマ、巨乳、3P・4P、ハイビジョン、DVDトースター、単体作品
女優: さとう遥希
メーカー: グローリークエスト
レーベル: GLORY QUEST

ネットの口コミ

陶芸歴も長く、とても多趣味なご婦人です。
使用人たちもなにかほっとしたようすで、これからは兄弟力を合わせて会社を盛り立てていってください、などと言ってきました。
ハァハァ言いながら大家さんがねだります。
女は、すぐ我慢できなくなる。
私は緩急を加えながら抜き差しをし、定子のぬるみと圧力を感じ取る。
「ううーん、あ、あああ、あああん」久しぶりに物体が挿入されたヴァギナは、驚きを隠せずに震えだしています。
やがて女が中腰で痙攣した。
と答えると、
大学で教えているといえば、世間様からは大変尊敬されたり、信用されたりしますが、その分だけ、うっかりした行動が厳しい目に晒されるということにもなるのです。
「でも」
しかし、夫婦間の問題なので、夫にも検査を受けて貰うことを条件にして、お姑さんから夫に説得してもらって、夫婦で検査を受けることにしたのです。
もちろん異存はなく彼女を大股開きの四つん這いにさせて唾液でヌラついたケツメドに肉ザオをずっぽりと突き立てました。
「さ、そのマットの上に座って……」
そんな私にも、少しばかりほっとする場所が学内に一つあります。
「でも、こんな場所で変な事はいけないと思います」
と唇を重ねた。
私はたまらなく興奮して、
「なんでも、風呂場でさ、身体中に魚のアラを塗り付けてオナニーしているらしいんだよ」
サディステックな態度で両足を広げて、臭いチ×ポをグイグイと娘の口に突き立てます。
「もっと股さおっ広げろッ」
なかなか顔をみせない。
これでうちの亭主をたらしこんだのね」
夫人がシーシーと歯のすき間から息を吸い腰を小刻みに震わせつつ、
(絶対、絶対に誰かと、女と待ち合わせをしているにちがいないわっ)
「あはん……ああ……。いいのかしら、あたしが添乗員さんを独占しちゃって。後でお叱りを受けない?」
「いくっ、いくっ!」
「だめ、だめよう!」
彼女は特別美人というわけでもなく、どちらかというと地味な存在でした。
「うううっ……佳代子さん…」
おぞましいとも受け取れる光景だが、いくつになっても、いや、歳を取れば取るほど人間という動物はそういうものかもしれない。
親しくなってから打ち明けてくれた話では、二人とも家庭があった時に不倫関係に陥り、両方の家庭を壊して一緒になったというのです。
ヤツらは人格的には無口で根暗だが、その明晰な頭脳を武器に短期で値幅を稼いでいるのだ。
あれだけ秘密を保ってきた幸恵との関係が、固く口止めしておいたはずの友だちの不用意なひとことから、妻の弓子にバレてしまったのである。

禁断介護 さとう遥希

サンプル動画