媚薬電流アクメ 2 さとう遥希

タイトル: 媚薬電流アクメ 2 さとう遥希
キーワード: ハイビジョン、ドラッグ、拘束、その他フェチ、単体作品、潮吹き
女優: さとう遥希
メーカー: ROCKET
レーベル: ROCKET

ネットの口コミ

そして嫉妬に狂った智子さんを伴ってラブホテルに向かった私は、綾子さんに続いて智子さんの熟れ肌をもご馳走になってしまったのです。
私は、そのやわらかいからだにまわした腕に力をこめました。
中指の腹でシコリを何度もえぐりました。
仕事人間の亭主を持って、欲求不満ばかりの性生活を送ってきたくせに、体だけはちゃんと健康に熟してきている。
「い、いいのよ、もっと、紋めて」
でも、私には何をどうしたらいいのか、ピンとこないことばかり。
形の良い唇も緩んで半開きになってきた。
その晩、私は先生とのセックスを想像しながら、何度もオルガスムスに達したのでした。
これも一つの辱めです。
私は飽きることなく蜜を飲み込んでいく。
検査結果は、二人で聞きに行きました。
だから懸命に堪えたんですわ。
液体に滑って、気付いた時には彼の指は付け根まで深々と私の中に潜り込んでしまっていたのです。
もし、それが露見したら……。
俺は再び尻を強く叩いて促した。
それと同時に、美登利へ東京に遊びにこないかと手紙を出したことがある。
同棲するようになってから、彼は私に「食費」と称してお金を渡してくれましたが、それもいつと決まっているわけでなく、金額も五万円だったり十万円だったりと、まちまちでした。
彼女はわたしの前に立って、言い放った。
簡単に言えば、肛門からある種の器具を挿入して前立腺を刺激することで、射精することなし(ここからドライ、つまり乾いたという意味)に、果てることなく何時間でも快感に耽ることが出来るという驚異のオナニー法のことです。
男ヤモメになってから、折りに村の後家や娘を呼び寄せ、金に物いわせて慰み物にして来たが、糸子のような極上オ×コは初めてである。
素直に、
同性に秘襞の奥まで覗きこまれた羞恥は、貫井氏にお尻を差し出した時とはまた違う耐え難いものでした。
先日のことを思い出し、千葉氏に問うと、
西島は、これからラブホテルに行かないか、と誘いをかけてきたのです。
というのも「お誘い」が飛躍的に増えたからなんです。
その日、霧のような小雨の降る中、西の笹井戸と呼ばれている古い露天風呂に浸かっていたときのことでした。
このうちの男達ときたら、みんな……。
「女とイッパツやりてえな。おれ、昨夜豆腐屋のおばちゃんにやらせてもらった夢みちゃってよお。目を覚ましたら、パンツの中に漏らしちゃってた」
私は、もう男女関係なんて、どこか期待などしていないところがあったのですが、吉崎さんは積極的というのでしょうか。
そんな私にしなだれかかり、Kさんはいった。
こんな私の体に触れたくてしょうがないとでもいうように、荒々しく乳首を啄ばみ、秘処の敏感な部分に押し付けた熱い舌先で、何度も何度も私をなぞるのでした。
俺は殴りかかってやりたい衝動をおさえつけ、こいつを見返してやろうと固く決意した。
だが、弓子には惚れたとか愛してやまないといった気持ちは湧いてこなかった。

媚薬電流アクメ 2 さとう遥希

サンプル動画