たっぷり顔射セックchu100連発8時間 2

タイトル: たっぷり顔射セックchu100連発8時間 2
キーワード: 独占配信、4時間以上作品、スレンダー、巨乳、美少女、顔射、ベスト・総集編
女優: つぼみ、横山美雪、河合こころ、春咲あずみ、愛音麻友、三嶋沙希、野村萌香、香月悠梨、仁科百華、西山希
メーカー: kawaii
レーベル: kawaii

ネットの口コミ

「あはん、んもう。これからは絶対に喜美恵さんの隣に座らないで。あの人、男漁りが目的で教室に来てるのよ。そんなふしだらな人に近寄らないで」
とはいえ、いくらなんでも父親と息子の両方と関係することのいかがわしさに圭子が耐えられるはずがないし、世間だって寛容な目で見てぐれないにちがいありません。
私は口には出しませんでしたが、そこは「湿ってる」というよりは完全に濡れていました。
里子は、美人というほどではなくわりと地味な顔立ちの女ですが、なんといつでも前の彼女より十歳以上若くて体つきも女くさいものをじゅうぶんにそなえているから、そういう意味での対抗心はあったらしく、いつでも私に乗り換えていいのよというようなそぶりは最初から見せてきていました。
ちょっと無駄な時間を過ごしたなと思いつつ、まさか映画だけでサヨウナラもないだろうと、期待を抱いて幕が下りるのを待った。
渡辺さんが迎えに来ているのも気づかないほど、私はリビングで泣いていました。
私は、女の下着姿を見つめた。
私の初恋は、その日、懐くも終わってしまったのでした。
「立派にやって、先生を喜ばすんだ。加奈子、おまえは、誰よりもエッチなメスになるんだ。おまえなら、なれるんだ。恥じらいを捨てろ、そして、メスらしい声を出してみろ」
もちろん彼女は躊躇する。
私は、取りつかれたように毎晩毎晩相手を変えてセックスしていました。
はっきり言って気持ち良かったです。
激しい痛みがもうすぐ。
お腹の具合でも悪いのでしょうか。
さらに、そこを照らすのは照明灯のこぼれた光だけだ。
 ああ白菊 ああ白菊
とか
女はわしをソファーに寝かせ、痛みが引くようにシッブを持ってきた。
つまり一言で言ってエロ度が低いのです。
指を持ち添えた陰茎で狽いすまし、
「じゃんじゃん飲んでよ。僕が、みんな払うから。何か食べる?」
そして恥辱の余韻にまだ体を火照らせたままの私の耳元で貫井氏は、
あずき色の大ぶりの淫肉に取り囲まれて、その中には「生うに」に似た秘襞が艶々とせり出して盛り上がっている。
私が夫の行動に不信感を抱いたのは、初めはささいなことがキッカケでした。
と訪ねてきたのが敦美さんでした。
「ううん、立派やわぁ。それに固いし太いもんなぁ」
「あ、どうしよう…、いい…ん…」
滑らかな肌でしたが、スベスベした感じもありました。
愛撫の最中に、浴衣姿の私の耳を甘噛みしながら、吉崎さんが囁きました。
「うれしい」
お酒の味がする口で唇を塞がれ、舌を吸われながら逞しい腕で着ているものを剥がされていきました。
「ああ、ごめんなさい」
サチコが訊ねた。

たっぷり顔射セックchu100連発8時間 2

サンプル動画