さとう遥希BEST

タイトル: さとう遥希BEST
キーワード: ベスト・総集編、4時間以上作品、潮吹き、単体作品
女優: さとう遥希
メーカー: プレステージ
レーベル: Special(プレステージ)

ネットの口コミ

陶芸教室に通う私は二股三股をかけてプレイボーイぶりをいかんなく発揮していたのです。
「……」 圭子は、うつむいてしまいました。
ところが大家さんの自宅の前で首を捻りました。
里子がやりたくなったときに私の家にやってくるのです。
何だか濃厚な蜜が詰まった容器の中に、突き入れているような気分だ。
警と乳首。
舌の先でゆっくりと私のペニスを舐め下ろし、また舐め上げる。
先生は、そう言って喜んでくれました。
コンパの帰り道、加奈子に偶然出会った瞬間、これが運命かと思ったのは、事前にそんなやり取りがあったからです。
しかし、どことなく小便くさい。
自分が女であることの実感が欲しかったのです。
と反論し、唾液でヌルヌルになったケツメドに指をヌブッと突き立てました。
それでも、彼は私の肩を抱いたまま、かまわずに指を進めてきます。
「出ていって!私、恥ずかしい…」
俺の舌がビリビリと感じてきた。
まさか美登利と暮らすようになるとは夢にも思ったことはなかったので、3LDKのマンションで十分過ぎていた。
(今度こそ素敵なエリート男性を捕まえるわ!)と張り切りました。
「何だよ、したかったんじゃねえか」
サディステックな態度で両足を広げて、臭いチ×ポをグイグイと娘の口に突き立てます。
「イヤーツ、イヤーツ……ぶっとくてイヤーア、裂ける、おらの股が裂けるウ」
もう、きょうの商売は諦めたのか、わたしにつきあってくれるようだ。
夫の実家の会社はこの不況でもなんとか持ちこたえているというのに、別会社を任せられた夫は去年のうちに呆れるぐらい業績を悪化させてしまってました。
「えっ、もうなのおー」
これぞ妻の勘というものか、ある日、私は疑惑を夫にぶつけたのです。
年令だけ聞けぱ、まさに色気ムンムンの花園と思われるかもしれませんが、女だけになると、そのハチャメチャぶりは目を覆うほどで、酒が入ってるから手の付サようが無いほどの無礼講。
「堪忍してえな」
少しだけ、おしっこをしたい気分が戻ってくる。
「もうだめ、早くこれを入れて!」
ですから、もうそれぞれ独立した子供たち三人が、
そんなKさんは流し目をしながら私にいった。
何度かお茶飲みに来た時から見ていたブランデーをご主人が私の為にグラスに注いでくれました。
涎を垂らして鳴咽さえもらす。
と囁くたうに言ってやると、サチコは、

さとう遥希BEST

サンプル動画