ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活

タイトル: ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活
キーワード: ローション、フェラ、巨乳、3P・4P、淫乱・ハード系
女優: さとう遥希、つぼみ、愛原さえ、北川瞳
メーカー: ケイ・エム・プロデュース
レーベル: おかず。

ネットの口コミ

たぶん綾子さんを助手席に乗せた現場を目撃して、私の車の後をつけてきたのでしょう。
「だったら、俺をクビにしてくれよ。それで、土方でもなんでもほかに就職先を探すことにするから」
またしてもそれでした。
まあ、定年退職して隠居している身ですからね。
映画のチケットが余っているので、一緒に行かないかと声をかけてきた。
その晩は、食事の時間以外は、ずうっと二人で繋がっていました。
しかし、ほっとしたのも束の間だった。
「ああ、先生…」
「見せてごらん、先生が散らした花を……」
看護婦は感じるのか、瞳を閉じて唇を半開きにする。
より強い刺激を求めていたのです。
うまく説明できませんが凌辱する快感と凌辱される快感を両方同時に味わえるのです。
思えば無性に淋しくて、性懲りもなくまた違う男性と付き合い始めてみるのですが、やっぱり最後までいくことが出来ません。
すると麻美本人が出ました。
一瞬彼女は、身悶えた。
通学路は、往きはなだらかな山坂を下るので楽だったが、帰りは疲れるので、よく川辺りの草原などに寝ころんで休憩をとったものだ。
私は前々からベッドで眠る生活に憧れていましたが、寮の狭い部屋では布団を敷くしかなかったのです。
最初はそんな女ではなかった。
電車を乗り継いで、お目当ての店に出かけました。
黄昏の道をトボトボ歩きながら、浅吉は情けなさそうに言った。
「女って、躯が変わると、性格も変わるみたいよ」
「ひっ……そ、そんなところ……ひいぃ」
室内の半分をパーティ用に模様替えをし、商売人らしくエロチックなフランスのランジェリーなどの新商品をさりげなく並べてある。
ひとしきり私の口唇と舌を堪能したあと、西島は私をベッドに押し倒しました。
もっとも、見方を変えれぱ費沢な悩みと言えるのかも知れませんが……。
押さえつけられていた肉棒が海草の中から頭を突き出しました。
私の気迫に新一の方が先に勝負を降りた。
(もう少し待てよ)
朦朧とした意識で何とか目を覚ますと、目隠しは外されていましたが、手錠はかけられたままでした。
初めての日、私は久しぶりに緊張を覚えながら公民館へ出向いた。
翌日、私はまた料理を口実にタッパ一を抱えてお隣に行くと、木原さんのご主人にそれとなく言ってみました。

とはいっても、たかだか従業員が十数名ほどにすぎないちっぽけな企業ではあったが……。

ある日突然モテ男に変身!?オッパイだらけの夢のハーレム性活

サンプル動画