ある日突然モテ男に変身!?人気女優だらけの夢のハーレム性活

タイトル: ある日突然モテ男に変身!?人気女優だらけの夢のハーレム性活
キーワード: 巨乳、乱交、潮吹き
女優: さとう遥希、立花樹里亜、友田彩也香、北川瞳、夏目優希
メーカー: ケイ・エム・プロデュース
レーベル: おかず。

ネットの口コミ

「先日、綾子さんと妙なホテルに行きませんでした?」
私は、弟とちがって父にたいしてもすこし距離をつくってつきあっていましたから、ついそんなふうな口のききかたになってしまいます。
もっともそれは今だから分かることで当時の私は無我夢中でしたが。
「すごいわ」と里子が言いました。
したいなら、したいとはっきりいえばいいのに、まるで小説かなにかのヒロイン気分に浸っているのだろうか。
「真佐子にそんなことをさせたくないよ」
「明日、午後の二時から特上を一人お願いするよ」
私の初恋は、その日、懐くも終わってしまったのでした。
タイルの上にしゃがむと、加奈子は顔を手で隠しながら、思い切って放尿しま↓た。
そういいながら勃起しない私をしゃぶってくれる。
ことあるごとにお姑さんは私を罵倒しました。
ローションをまぶした指でケツメドを這い回されるとジーンと痺れるような快感が玉袋の付け根辺りに湧き起こって、愚息がムクムクと頭をもたげてきたんです。
傍らのプラスチックボトルから透明な液体を掌にたっぷり絞り出すと、私の下腹部におもむろに塗り込み始めたのです。
「お、おい。君、だいじょうぷか?」
一気に餅のような尻が、俺の目前に接近したのだ。
私の脳裏には、故郷のあの河原での、美登利との別れのシーンが、この歌とオーバーラップして思い出されで仕方がなかった。
と思うと、チンチンを舐める舌の動きにもいっそう熱が入り、その日は普段にも増して激しく燃えました。
何となくもったいない気もしたが。
全裸になった娘の下腹には経産婦特有の皺が見られて、確かに二十六歳でしょうが、ややシラケさせられました。
「こりゃ邪魔々々……」
若い頃とちがい、もう七十歳になると一見の客になりたくない。
私のお尻の穴は隙間もなく勃起で塞がれ、中からめくりだされてしまいそうな密着感でピストンを始められたのです。
「うっ、ぐ~っ……」
またまた図星を突いてきたのです。
ですが、スパンキング願望の女は初めてでした。
ひなびた湯治場で三人の女を抱けるなんて。
律子さんのカタログにあったあの人と負けず劣らずのイケメンだって、律子さんが太鼓判を押してくれたもの。
彼女は、もうかなり感じているようです。
私は、もう男女関係なんて、どこか期待などしていないところがあったのですが、吉崎さんは積極的というのでしょうか。
時折乱れた裾から脹脛が覗いたり、襟足の項が垣間見えたときなどドキドキするほどの興奮を覚えてしまう。
さっき覗いた時にやはり誰か女性がお隣にいたんです。
来たな! と俺は思った。
と自分を満足させるほかない。

ある日突然モテ男に変身!?人気女優だらけの夢のハーレム性活

サンプル動画