開眼どすけべセックス さとう遥希

タイトル: 開眼どすけべセックス さとう遥希
キーワード: 指マン、DVDトースター、潮吹き、単体作品、3P・4P、デジモ
女優: さとう遥希
メーカー: SODクリエイト
レーベル: SODクリエイト

ネットの口コミ

教室を終えて駐車場に向かう私を呼び止めたのは、なんと智子さん。
「あなたが、承知しないのに?」
ここか?」
まあ、定年退職して隠居している身ですからね。
膣の筋肉が私の形と同化する。
夕暮れ時、車が着いたのは、ゴルフ場からほど近い、小さな宿。
「625号室だ」
「どうしても先生に逢いたいんです」
ほとんど無意識で半身を起こした加奈子の頬が私の顔に近づきました。
だが、仕事もしないで一日中、家にいると体力は損なわれ、気力も失われる。
私は、取りつかれたように毎晩毎晩相手を変えてセックスしていました。
年増ホテトル嬢が何を思ったのかローションなるヌルヌルする液体を手にまぶしてケツメドに塗りたくり始めたんですわ。
ええ、そうです。
麻美という学生で、学習態度も実に真面目な女性でした。
走り出したプルプル揺れる尻に釘付けとなった。
その気にはどうしてもなれなかったのである。
私はますます彼に興味を惹かれ、彼が訪れるたびに、あの手この手で歓心を得ようとしました。
いつまで経っても尾行は巧くならないが、それでもいいと思う今日この頃だ。
こちらが、年寄りだったので、店の方が気を利かして聞いてくれたようです。
「糸子さんか、大旦那さんなら離れでお前の来るのをおまちかねじゃぞ」
「それで?」
ジンジンしてる媚肉がヌメヌメした舌で撫でまわされると、それがレズクンニだとしても、私のソコは夫のクンニと区別がつかない快感に満ち溢れだしてきました。
「こうしておくと男の出番が少なくなるから一挙而得という寸法」
天井の電灯は、明々と灯ったままでした。
「やってやる!」
女のねっとりと熱い口の中で、肉棒だけはゆっくりと膨らみ始めていました。
夫にそっくりだ。
背中から抱いてあげると、チ×ポがぽってりしたお尻に当たっています。
最初の頃は、ひたすら優しく私の肉体の状態を見ながら……といったセックスでした。
けれど、彼女は平然とした顔で料理に箸を延ぱしている。
「もうご主人が帰る時間じゃないかな」
その知的な顔立ちといい、もの憂い雰囲気といい、瞳の翳り具合といい、妙に男の欲望をそそってくるのだ。
ゴムとはコンドームのことで、普通ならをにがしかの少額の代金が加算されるらしかった。

開眼どすけべセックス さとう遥希

サンプル動画